天然アユ復活へ鴨川に魚道設置を 京都市ら設立総会

天然アユ復活へ鴨川に魚道設置を 京都市ら設立総会

 鴨川に天然アユを復活させようと、京都市や地元漁協、学識者らでつくる「京の川の恵みを活(い)かす会」が17日発足し、上京区内で設立総会が開かれた。遡上(そじょう)を阻んでいる下流域の堰(せき)に階段状の魚道を設置することや、生息調査の実施を決めた。



 戦前は鴨川に天然アユが遡上していたとされるが、1935年の大水害後に堰が各地に設けられ、姿が見えなくなった。昨年、市の調査で、下流域で天然の稚アユを確認したが、伏見区の龍門堰(高さ1・5メートル、幅60メートル)に阻まれ、それ以上遡上できないことを確認。鴨川に天然アユを呼び戻そうと、京の川の恵みを活かす会を発足した。
 会は賀茂川漁協のほか、行政、市民団体など23人で構成。代表に京都大防災研究所の竹門康弘准教授を選び、アユ研究で世界的に知られる川那部浩哉・元琵琶湖博物館長が顧問に就任した。
 今後、龍門堰に木製の魚道を設けて通り道を設け、遡上調査を実施する。アユの生息しやすい環境づくりを進め、産卵場所の確保へ川床の石を整理するほか、河川沿いの森林も整備する。
 総会後にメンバーが龍門堰を視察。川那部顧問は「遡上数だけでなく、鴨川でアユが成長できる環境を取り戻すことが大切。鴨川の環境、文化の象徴であるアユの復活を目指す意義は大きい」と期待していた。今月中にも魚道を設置する方針。
京都新聞 5月17日(火)22時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110517-00000030-kyt-l26



復活して欲しいですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 04:11
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アユ:伝統漁「梁」が設置 五條・吉野川にオープン--来月中旬まで /奈良

アユ:伝統漁「梁」が設置 五條・吉野川にオープン--来月中旬まで /奈良

 五條市の大川橋下流の吉野川で、竹のすのこを張り、水勢で打ち上げられたアユを捕る「梁(やな)」が設置された。10月中旬まで、放流されたアユを手づかみで捕る伝統漁を体験できる。他にウナギやカメ、フナなどが上がることもあるという。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 秋に産卵のため下ってくる落ちアユを狙った漁法で、日本書紀や万葉集にも五條・吉野川の梁が登場する。
 梁漁体験は、3キロ、25~30匹放流(16000円)から、12キロ、約95~120匹放流(4万5000円)まで。他に傷害保険料が1グループ当たり1000円必要。塩焼きセットの貸し出しもあり、堤防上には鮎茶屋がオープンした。
 問い合わせは、市観光協会(0747・20・9005)。1週間前までにやな漁事務局にファクス(0747・22・5192)で申し込む。【栗栖健】
毎日新聞 9月19日(日)14時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100919-00000166-mailo-l29



楽しみ☆
  • Edit
  • 16:23
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top