調布・多摩川のアユ、過去最大の見込みに-推定遡上数調査で /東京

調布・多摩川のアユ、過去最大の見込みに-推定遡上数調査で /東京

 調布を流れる多摩川を遡上(そじょう)するアユの数が今年、過去最大になることが見込まれている。(調布経済新聞)



 多摩川では1975(昭和50)年に十数年ぶりに稚アユの遡上が見られるようになり、東京都島しょ農林水産総合センター(旧東京都水産試験場)が1983(昭和58)年から、多摩川下流域の大田区でアユの遡上調査を始めた。調査によると、アユの推定遡上数は、1983(昭和58)年に約20万匹だったのが、2007年に215万匹を記録。その後2009年に142万匹、2010年に186万匹と連続で100万匹を越えた。今年はこれらを大幅に上回り、調査開始以来最大の遡上数が見込まれる。

 多摩川は清流化しつつある一方で「タマゾン川」ともいわれ、年間1万匹に上る「捨て観賞魚」と外来種による生態系破壊の危機が懸念されている。川崎河川漁業協同組合総代で、飼えなくなったペットなどを受け入れる「おさかなポスト」の創設者であり、アユの産卵、遡上観察会など数多くの啓発活動を行っている山崎充哲さんは「多摩川の現状や清流化の重要性を知り、生物の命の大切さを感じてほしい。『おさかなポスト』には東日本大震災後1カ月間で昨年1年間に集まった数の50%にあたる6,000匹の魚や亀が被災地から避難してきた。皆さんに里親になってもらい、小さい命を救ってほしい」と協力を呼び掛ける。

 二ヶ領上河原堰(調布市染地2)付近では昨年10月末から12月にかけてアユの産卵があり、10日ほどでふ化した稚アユは多摩川を東京湾まで流されて下った。東京湾で冬を過ごしたアユは春になって多摩川を上り、同河原堰や狛江市水神下の二ヶ領宿河原堰の魚道では4月上旬から8~10センチに成長した姿を見られるようになった。遡上は5月末まで続くと思われる。
みんなの経済新聞ネットワーク 5月16日(月)11時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110516-00000009-minkei-l13



楽しみ♪
スポンサーサイト



  • Edit
  • 21:03
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

調布・多摩川でアユの産卵始まる-気候の影響で昨年より遅れ /東京

調布・多摩川でアユの産卵始まる-気候の影響で昨年より遅れ /東京

 調布市を流れる多摩川の二ヶ領上河原堰付近の流域で今年もアユの産卵が始まった。(調布経済新聞)

最安値比較!民宿・ペンション予約

かつて高度経済成長時には「死の川」と呼ばれていた多摩川は、地域住民による活動などで水質が改善され、7年ほど前からアユの産卵数も増えてきた。一方で、現在は水温の上昇やペットなどの外来種の放流で「タマゾン川」とも言われている。

アユの卵は10日ほどでふ化。成長したアユは川を下り、海で冬を過ごして春になると戻ってくる。昨年は10月末ごろに産卵が始まったが、今年は10月末の低気圧の影響で3週間ほど時期が遅れた。11月23日には川崎市多摩区と高津区の多摩川河川敷で産卵場見学会が行われ、150人以上が産卵を見守った。

 川崎河川漁協総代で飼えなくなったペットなどを受け入れる「おさかなポスト」創設者の山崎充哲さんは「身近な多摩川の現状を多くの方に知ってもらうとともに生物の命の大切さや多摩川の清流化の重要性を感じてもらえるとうれしい。年間1万匹にも上る『捨て観賞魚』と外来種による生態系破壊の危機も伝えることができれば」と話す。

 アユの産卵は12月末まで続くと思われる。

みんなの経済新聞ネットワーク 11月26日(金)11時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101126-00000011-minkei-l13



大事に育てて生きたいですね☆
  • Edit
  • 15:43
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

調布・深大寺でゲンジボタル確認-ホタル再生活動で

調布・深大寺でゲンジボタル確認-ホタル再生活動で

 調布の深大寺(調布市深大寺元町5)の水源のわき水近くのせせらぎで5月27日、光を放ちながら飛ぶゲンジボタルが確認された。(調布経済新聞)



 同寺は江戸時代、ホタルの名所として多くのホタルが生息していたが、近年では水質汚染や環境の変化などから見ることができなくなっていた。同市在住の市民らが「深大寺にホタルを再生させたい」という強いで活動を開始した。

 市民らは2006年8月にホタル博士で板橋区ホタル飼育施設の阿部宣男施設長が水質調査を依頼。結果は残留農薬と病原菌細菌が確認され、ホタル再生は不可能に近かった。そこで、土壌活性剤「FFCエース」を池の中に投入し、阿部さんから分けてもらったホタルの幼虫のエサとなるカワニナを放流し様子を観察したところ、カワニナの繁殖やサカ巻貝などが確認できた。阿部さんは「まだ水質が悪いため危険性は高い」としながらも、3,063匹のゲンジボタルの幼虫を寄付。翌年に2匹のホタルが確認された。

 その後さまざまな問題があったが、根気強く活動を続けたことで水質も改善され、昨年8月に約3万匹のホタルのふ化幼虫を放流。今年4月には阿部さんの指導の下、コケを植えるなどホタルが上陸できるよう整備した。

 活動を続けてきた同市染地在住の女性は「阿部先生や張堂住職の協力により、深大寺にホタルが戻ってきた。水質改善には自信を持っていたが、さまざまな問題があり苦労も多かった。これからも活動を続け、子どもたちに良い環境を残したい。まちおこしにもつながれば」と話す。
6月8日11時30分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100608-00000011-minkei-l13



努力が大切ですね☆
  • Edit
  • 06:31
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top