「沖縄カヤック市場」那覇・泊に「カヤック」専門店-自社ブランド・カヤック、スタンドアップパドル中心に展開/沖縄

「沖縄カヤック市場」那覇・泊に「カヤック」専門店-自社ブランド・カヤック、スタンドアップパドル中心に展開/沖縄

 シーカヤックツアーやインストラクター養成、マリンレジャー、シュノーケリング・グラスボート運営事業を展開する「ケラマブルー」(座間味村)は5月9日、那覇・泊の「ケラマカヤックセンター那覇」内にカヤック専門ショップ「沖縄カヤック市場」(那覇市泊3、TEL 098-988-1260)をオープンした。(那覇経済新聞)



 店舗面積は約15坪。白を基調にした店内には、オリジナルブランド「AROPEC KAYAK(アロペックカヤック)」のカヤックをはじめ、海外メーカーのカヤックや中古艇、「最近人気が高まっている」というサーフボードの上に立ちパドルを使って漕ぐ「スタンドアップパドル」をメーンに、フィッシング関連アクセサリー、パドル、ライフジャケット、レスキューチューブなどをそろえる。

 出店について、宮里祐司社長は「離島の座間味村は天候に左右され船が出ないことがある。顧客満足度を上げるために、那覇に拠点を作り沖縄本島内でもうちのプログラムで遊んでもらえるよう考えた。那覇にカヤック専門店がないこともあり出店を決めた」と話す。

 「ダイビングが飽和状態を迎えており、葉山や湘南でもカヤックによる釣り遊び、アウトドアフィットネスとしてスタンドアップパドルも人気を集めていることなど、こうした状況を踏まえ、いち早く販路や輸送システムの整備を行ってきた。オリジナルブランドのカヤックを手掛けることで沖縄から世界へアピールしたい。ゆくゆくは県内でカヤックを生産できるよう頑張りたい」と意欲を見せる。

 営業時間は9時~18時。定休日は調整中。

みんなの経済新聞ネットワーク 5月20日(金)11時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110520-00000008-minkei-oki



覗いてみる価値がありそうですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 22:31
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

那覇で「クイチャーフェスティバル」プレイベント-沖縄本島で宮古島をアピール /沖縄

那覇で「クイチャーフェスティバル」プレイベント-沖縄本島宮古島をアピール /沖縄

 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市牧志3、TEL 098-868-7810)で9月23日、「宮古島クイチャー ~宮古島のアイデンティティとは?~」が行われる。同イベントは、11月に宮古島市で開催される「クイチャーフェスティバル」のプレイベントで、沖縄の各島々や古里の魅力の再認識し、同郷のきずなを深める場を提供する同館の「島と映像」プロジェクトの第3弾。(那覇経済新聞)

 「クイチャー」は、五穀豊穣や雨乞いなどで踊られる宮古島の伝統芸能で、円陣をつくり踊り手の半数ずつが交互に歌を掛け合い、足を踏みならし手を高々と挙げて踊る。現在では沖縄本当のカチャシー同様に新築祝いや結婚式などでも幅広く踊られるという。宮古の方言で声(クイ)、合わす(チャース)と、神の魂を「乞い」願う歌謡という説がある。

 内容は、クイチャーフェスでの特徴的な踊りを映像で紹介するほか、「クイチャーの継承・普及を目指して-現状と課題など-」をテーマにシンポジウムを開く。パネリストには、大城學さん(国立劇場おきなわ調査要請課長)、兼島恵孝さん(沖縄宮古郷友会長)、下地暁さん(同フェス実行委員長、アイランダーアーティスト)、垣花譲二さん(コーディネーター、指笛王国おきなわ国王)を予定。

 シンポジウム後、クイチャーの実演や「3分で踊れるクイチャー教室」「下地暁さんミニライブ」などを行う。ロビーでは、宮古島の特産品の塩や黒糖、泡盛、菓子、クイチャーオリジナルグッズなどを販売する「宮古島ミニ物産展」や「クイチャーフェスティバル写真展」も。

 下地さんは「今回で8回目を迎えるクイチャーフェスティバルだが、宮古島以外でプレイベントを行うのは初めて」とし、「宮古島の伝統芸能であるクイチャーを通してふるさとを感じてもらい、沖縄本島や県外に広く宮古島をPRできれば」と参加を呼びかける。

 開演時間は15時から。料金は、大人=1,000円、小中高生=800円。詳しくは同事務局(TEL 0980-75-5702)まで。
9月17日12時30分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00000024-minkei-oki



楽しそう♪

  • Edit
  • 08:08
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

那覇のダイバーズカフェで写真展-八重山の「普通の暮らしや風景」写す /沖縄

那覇ダイバーズカフェ写真展八重山の「普通の暮らしや風景」写す /沖縄

 那覇・国際通り近くアフターダイビングに特化したカフェ「だいばぁずかふぇSUMMER SNOW(サマースノー)」(那覇市牧志2、TEL 098-862-0890)で8月1日、フォトグラファー・柳元貴之さんの写真展八重山(やいま) 朝の光と夜のしじまの間で」が始まった。柳本さんが沖縄で個展を開くのは初めて。(那覇経済新聞)

 作品は、鹿児島県在住の柳元さんが約8年の間に、沖縄離島を何度も足しげく訪れ撮りためたもので、竹富島波照間島与那国島などの夕焼けの海やビーチなどの自然や通学途中の小学生、夜に煌々とした光を放つ自動販売機と缶を補充するおばあさんの姿など、八重山の日常をとらえた16点を展示する。作品はプリントにも応じる(A4=3,000円、A3 =4,000円)。

 柳元さんは「沖縄のいろいろな離島を訪れているが、中でも最初に訪れた竹富島は特別な存在。今では自分にとって竹富島は身近で普通の風景になっている。そんな島に暮らす普通の人々やそこにある自然を朝から夜までを写した」と話す。「ただきれいな写真だけでなく、島に住む普通の人の暮らしを見て何か感じてもらえたら」とも。

 展示時間は17時~翌2時(金曜・土曜は翌4時まで)。毎月最終木曜定休。今月31日まで。

8月4日12時15分配信 みんなの経済新聞ネットワーク


癒されそう♪
沖縄ダイビングをチェックしてみる

だいばぁずかふぇSUMMER SNOW
http://www.summersnow.in/
http://blog.goo.ne.jp/summersnow-blog/

  • Edit
  • 07:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top