スルメイカ:八戸漁港、初水揚げ 震災以来の活気戻る /青森

スルメイカ:八戸漁港、初水揚げ 震災以来の活気戻る /青森

 今年1月から4カ月間、ニュージーランド近海でスルメイカ漁をしていた八戸市船籍の大型イカ釣り漁船「第88長功丸」(307トン)が12日、八戸漁港に帰港した。同市白銀町の第3魚市場では、東日本大震災以来、初水揚げとなる船内冷凍のスルメイカ約523トンが到着し、久しぶりに活気を取り戻した。



 同市場は震災の津波被害のため、イカを船から港に運ぶベルトコンベヤー約120台のうち、半分以上が流され、残った機械も海水をかぶって使えなくなった。懸命な修理の結果、ようやく水揚げが可能なほど復旧した。
 水揚げされたイカはほとんどが加工用。入札の結果、1ケース(8キロ)1650~2100円(昨年1455~2050円)で、高値だった昨年並みの価格で取引された。市場関係者は「震災による加工原料不足の影響ではないか」とみている。
 また、150トン級の中型イカ釣り漁船十数隻が16日ごろ、八戸漁港から太平洋に向けて出漁を再開させる見込みだ。【松沢康】
毎日新聞 5月13日(金)12時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110513-00000105-mailo-l02



エギングも楽しいですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 14:35
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

高水温ニモ負ケズ ナマコ漁が解禁 青森・横浜

高水温ニモ負ケズ ナマコ漁が解禁 青森・横浜

 青森県横浜町の歳末の風物詩・ナマコ漁が22日、解禁された。早朝から町漁協の漁船88隻が陸奥湾に繰り出し、地元漁港には、新鮮なナマコが続々と水揚げされて活気づいた。漁は30日まで。

実際に泊まった人の評価だけ。ホテル・旅館ランキング!

 漁船は午前6時半ごろから、漁場となる横浜漁港沖に集合。午前7時の解禁を告げるサイレンとともに一斉に底引き網を海に投入し、海中のナマコを引き揚げた。
 この日は、計11.5トンとまずまずの収量。漁港では、水揚げされたナマコがプラスチック製のたるに詰められ、組合員や仲買業者のトラックに積み込まれて県内外へ向けて出荷されていった。
 同町産のナマコは、県産の大半を占め、波に洗われて身が軟らかいのが特徴。希少品として扱われ10キロ約2万円で取引されている。県内では、正月に、刺し身で食べられることが多い。
 町漁協の小又三郎組合長は「ホタテの大量死につながった高水温の影響もナマコにはなかったようだ。例年並みの約80トンはいけそうだ」と話していた。
河北新報 12月23日(木)6時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101223-00000008-khk-l02



今年は野菜、魚介類が思わぬ天候の影響を受けた年でしたね。
  • Edit
  • 22:06
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

手作りイカダレース:小川原湖で競い合い /青森

手作りイカダレース:小川原湖で競い合い /青森

 小川原湖で手作りいかだの速さを競う「手作りイカダレース」(東北町観光協会主催)が25日、東北町のわかさぎ公園湖水浴場で開かれた。県内から11チームが参加し、発泡スチロールや古タイヤなどで作ったいかだを懸命にこいだ。

【民宿・ペンション特集】リーズナブルでアットホームな雰囲気。家族旅行はもちろん、カップルやグループでのご利用もおすすめです!

 レースは今年で24回目。強風に流されたり、壊れるいかだもあったが、観客はしきりに声援を送った。決勝には9チームが進み、消防関係者で作るチーム「RESCUE’S2」が優勝。【鈴木久美】
7月26日10時43分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100726-00000009-mailo-l02



楽しそう!
  • Edit
  • 07:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

釣果上々、絶景おまけ イカ釣り体験始まる 青森・風間浦

釣果上々、絶景おまけ イカ釣り体験始まる 青森・風間浦

 漁船をチャーターし、津軽海峡でイカ釣り漁師の気分を味わう「イカ釣り体験」が6日、青森県風間浦村で始まった。村観光協会が主催する夏の恒例イベントで、8月末まで行われる。

ホテル・旅館ランキング(東北/青森)

 初日は、看護師実習で村に滞在中の県立保健大の学生や村役場の新人職員ら7人が参加。漁船2隻に分乗し、午後5時、下風呂漁港を出港した。
 海峡は、漁師が「めったにない」と言うほどのなぎ。海面に夕日が映える絶景を楽しみながら、参加者はイカ釣り針が付いた長さ約50メートルのテグスを使って当たりを待った。
 約2時間で、50匹ほどの釣果があった。県立保健大4年の大和田芽衣子さん(34)は「当たりをつかむのが難しい分、釣れたときの喜びはひとしお」と話した。
 料金は1人2800円(小学生1500円)。2人から受け付け、釣り具や長靴は貸し出す。釣果は持ち帰れる。下風呂温泉宿泊者は宿での調理も可能。しけの場合は中止。連絡先は村観光協会0175(36)2353。
7月8日6時12分配信 河北新報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100708-00000006-khk-l02



楽しそう!
  • Edit
  • 19:17
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

酸ケ湯温泉付近の八甲田山中で山菜採りの女子中学生死亡 火山性有毒ガスか 青森

酸ケ湯温泉付近の八甲田山中で山菜採りの女子中学生死亡 火山性有毒ガスか 青森

 20日午前6時45分ごろ、青森市荒川の酸ケ湯温泉付近の八甲田山中で、山菜採りに来ていた男女3人が倒れていると119番通報があった。青森県警によると、同市八幡林、中学生、伊藤実姫さん(13)が現場で死亡が確認され、伊藤さんの母親の真弓さん(45)ら男女3人が病院に搬送されたが命に別条はないという。

地図から探せる!全国の源泉かけ流しの温泉宿

 現場は、硫黄泉がわき出る地獄沼から徒歩で約30分登った地点。周囲には硫黄臭が立ち込めており、県警は火山性の有毒ガスが発生した可能性があるとみて、実姫さんの死因や詳しい状況を調べている。

 県警によると、伊藤さん親子らは親族9人で19日から酸ケ湯温泉を訪問。20日午前6時半ごろ、このうち7人が2グループに分かれて山菜採りに向かったという。県警は現場付近の道路4カ所を通行止めにし、対策本部を設置した。
6月20日15時4分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100620-00000546-san-soci



残念ですね。
  • Edit
  • 17:56
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top