数方庭祭:勇壮に 無病息災など願う奇祭--下関の忌宮神社 /山口

数方庭祭:勇壮に 無病息災など願う奇祭--下関忌宮神社 /山口

 「天下の奇祭」として1800年の歴史をもつといわれる数方庭祭が、下関市長府宮の内町の忌宮神社で行われている。毎年8月7~13日の夜、男衆が無病息災や大願成就を願って高さ十数メートルの大竹ののぼりを掲げる。
 太鼓やかねの音に合わせ、法被姿の力自慢が天を突くような高さの竹ののぼりを掲げる。竹の先端が前後左右にしなるためバランス感覚も不可欠で、いったん掲げたのぼりを倒してしまう場面も続出。巨木が倒れるような迫力の“失敗”シーンもまた、勇壮だ。
 仲哀天皇の時代、侵攻してきた新羅軍を打ち破り、民衆が歓喜して踊ったのが由来とされる。祭りは期間中、午後7時から本殿祭、9時半ごろまでのぼりを掲げる神事が続く。【取違剛】
下関版〕
8月11日16時1分配信 毎日新聞


永い歴史があるんですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 23:08
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top