神通川:下流・富山の小学生、源流の森を訪問--高山 /岐阜

神通川下流富山小学生源流の森を訪問--高山 /岐阜

 ◇「こんなきれいな水が一体どこで汚れるの?」
 富山湾へ注ぐ神通川(宮川)の最上流にある高山市一之宮町へ1日、富山市の市立岩瀬小(立田ひろみ校長)の5年生29人が訪れ、源流の森の水に触れたり、太平洋と日本海へ分かれる分水嶺を見学した。子どもたちは源流の森から約130キロ下流富山湾に水が流れ着くのに2週間かかるなどと聞かされ、「こんなにきれいな水が一体どこで汚れるんだろう」などと、素朴な疑問を投げかけた。
【岐阜】
 岩瀬小の5年生は、総合的学習で日本海を取り巻く環境問題に取り組んでおり、富山湾へ流れ着く流木やゴミなどの漂着物を調査してきた。海をきれいにするには川が流れ出てくる山を大切にしなければならないなど、海と山、川のつながりについて深く学習するために初めて訪れた。
 児童と立田校長ら引率教師3人が午前10時過ぎ、一之宮町で民宿を営んでいるNPO法人・ひだ位山(くらいやま)ふるさと学校代表の谷口誉憲(もとかず)さん(61)の案内で、神通川のふるさとの源流の森を散策。谷口さんから森の働きについて学んだ=写真。
 モンデウス飛騨位山スノーパークで昼食の後、分水嶺を見学。午後1時から高山市立宮小(田中正彰校長)の5年生33人と一緒に、山仕事のベテランのお年寄りから、山仕事の道具や山の役割などについて教わった。
 岩瀬小の枡田麗湖(りこ)さんは「神通川のふるさとの水はとても冷たくきれいだった。私たちはこれからも海岸の清掃活動に積極的に参加しようと思います」と話していた。【奈良正臣】
10月2日12時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000073-mailo-l21



いい経験ができたでしょうね☆

スポンサーサイト



  • Edit
  • 23:47
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top