ピラニア祖先は巨大雑食魚メガピラニア=南米の化石分析-国際チーム

ピラニア祖先は巨大雑食魚メガピラニア南米化石分析-国際チーム

 南米の川に生息する肉食魚、ピラニアの祖先は、1000万~800万年前に生息した体長が最長1メートルもある巨大雑食魚「メガピラニア」である可能性が高いと、米国立進化総合センター(NESCent)などの国際研究チームが27日までに米古脊椎(せきつい)動物学会誌に発表した。アルゼンチン北東部の川岸で見つかった化石の歯を分析した。
 ピラニアは、三角形に鋭くとがった歯が一列だけ並び、他の魚や水辺の小動物を捕らえやすくなっている。これに対し、近縁の「パクー」と呼ばれる草食魚は、四角い歯が二列に並び、果実や種をかみ砕きやすくなっている。
 学名が「メガピラニャ・パラネンシス」と名付けられたこの化石の上あごの骨には、三角形の歯がジグザグに並んでおり、研究チームは、パクーからピラニアに進化する途中と位置付けた。全身骨格は見つかっていないが、あごと歯の大きさを現代の種と比較し、ピラニアより約4倍も大きかったと推定した。 
6月27日14時46分配信 時事通信


ハンバーガーみたいw
関連記事
  • Edit
  • 16:48
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1010-e16eb581

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top