ラフティング - 人気№1の水遊びレジャー !

HOME水遊びレジャー紹介ラフティング

ラフティング

水との格闘技とも呼ばれる激しさでスリル満点☆
一度体験すると病み付きになる人も多いアウトドア・スポーツです。


ラフティングの基礎知識


ラフティングって、なに?
ラフトボート(5~8名程が定員)ごとに、漕艇やレスキューの技術を身に付けたガイドが乗り合わせ、参加者はガイドの指示に従ってパドルを動かし、みんなで力を合わせて川を漕ぎ下っていくアウトドア・スポーツです。
日本では約10年程前から人気が高まり、日本全国の河川でラフティングツアーが行われていますが、世界では30年以上の歴史があります。
ラフティングがポピュラーなアメリカでは、体験者人数は3000万人以上といわれています。

初心者でもOK?
熟練したガイドが危険の少ないコースを厳選し、水先案内人を務めてくれるから、初心者でも安心です。
ライフジャケットやドライスーツ、頭を保護するヘルメットを着用するので、川に落ちても備えは万全!(ライフジャケットを着ているので、自然に体が浮き上がります)
安全に、過激な川遊びが楽しめるのも、ラフティングの魅力の一つなのです。

いつごろがおすすめ?
ラフティングのシーズンは、4月中旬から11月初め頃まで楽しめます。雪解けの増水が楽しめる春先は、逆巻く水が白く見えることからホワイトウォーターと呼ばれ、特に激流が楽しめるシーズンといえます。
また、水量が少なくなり流れが安定する6月からは、初めての人でも安心して挑戦できます。



エリア別ガイド

エリアごと、季節ごとにラフティングの楽しみ方はいろいろ。 全国のラフティングエリアの特徴をガイドします。

■北海道・石狩川
 ほっと息をつく間もないノンストップの激流が続きます。
■北海道・沙流川
 日高山脈を源流とする沙流川。リピーターに人気の川です。
■北海道・豊平川
 札幌からわずか40分。これほど近いところに手付かずの自然とおもしろいコースがあるなんて、きっと驚くことでしょう!
■北海道・鵡川
 北海道一の激流といわれる鵡川。落差の大きい落ち込みや、トリッキーなラピッドは何度下ってもドキドキ。
■北海道・空知川
 南富良野にある空知川は手付かずの自然が残る日本でも有数の美しい清流で、水は川底まで透き通っています。
■北海道・尻別川
 ニセコ・エリアを流れる尻別川は、季節ごとに変化に富んだ流れが楽しめます。
■北海道・十勝川
 十勝川は真夏でもたっぷりの水量の中でラフティングを楽しめる数少ない河川です。
■栃木・鬼怒川
 鬼怒川渓谷の景観は圧巻。自然を感じながら爽快ラフティング
■群馬・利根川
 世界でも有名な激流コースで、5・6月は雪解水が流入し、リバーグレードは3級プラス。
■群馬・吾妻川
 吾妻川(吾妻渓谷)のラフティングは、自然が創り出した醍醐味のある渓谷です。 大自然の中を豪快に下る楽しさを体験してください。
■埼玉・荒川
 首都圏からは日帰り圏内。ファミリーからアクティブ派まで楽しめる定番のラフティングエリア!
■静岡・富士川
 日本三大急流の一つに数えられる激流、富士川。雄大な富士山を眺めながら楽しめます。
■山梨・桂川
 富士の湧水を源流とし、深い渓谷の中を瀞場ではマッタリ、激流ポイントでドキドキワクワク!バラエティ豊かに楽しめます。
■長野・天竜川
 天竜船下りでもお馴染みの急流区間を楽しめます。
■長野・犀川
 日本第2位の高峰・北アルプス槍ヶ岳を主源流とする清流で、豊富な雪解け水による適度な流れと澄んだ水で、初心者や家族連れには最高のロケーションです。
■長野・信濃川
 スリリングな体験をしたい方には信濃川がオススメ。日本有数の激流を下ることができます。
■長野・千曲川
 急な瀬も少なく小学生でも安全にラフティングを楽しむことができます。
■新潟・魚野川
 清流・魚野川。春は激流、夏はゆったりと流れます!ご家族、お友達、カップルで自然体験!
■富山・黒部川
 日本の秘境100選にも選ばれる黒部峡谷からの流れは、水の透明度も高く気持ちのいい川です。
■富山・神通川
 街中を流れる神通川はアクセスもよく川のレベルも初心者向けです。
■富山・庄川
 合掌つくりで有名な五箇山を流れている川で、一年中水があります。
■富山・宮川
 日本の川の中で最もレベルの高い川で、春の雪解けの時期に下る事が出来ます。
■愛知・木曽川
 名古屋からも近く、年間を通し豊富な水量。安定して爽快ラフティングが楽しめる。
■岐阜・長良川
 東海地区で最も有名なエリア。景観・水の透明度も抜群です。
■京都・保津川
 保津川下りなどの川遊びやトロッコ列車での観光としても親しまれている場所で、ラフティング初体験の方や、ファミリーにおすすめのエリア。
■滋賀・瀬田川
 関西近郊からのアクセスも大変便利で、ラフティング初体験の方や、ファミリーにおすすめのエリア。
■和歌山・北山川
 急激な流れから、人気の高いラフティングコース。世界遺産に指定されている熊野古道もあり、おくとろ温泉などの名所も訪れることができます。
■山口・錦川
 川底3メートルぐらい見え、護岸もほとんど自然のまま残されている、日本でも希少な美しい川です。流れは比較的穏やかなため、ファミリーにおすすめです。
■徳島・吉野川
 大歩危・小歩危といえば、日本で最も有名な激流ラフティングの代名詞!
■高知・四万十川
 日本最後の清流と呼ばれる『四万十川』。激流ポイントもありますが、ゆったりと自然を眺めながらのラフティングは最高!
■熊本・球磨川
 日本三大急流の一つに数えられる激流、球磨川。九州のラフティングといえばココ。
■熊本・川辺川
 2007年度清流日本一になった綺麗な水と、増水時には九州随一の激流と化す、2面性を持った川です。
■熊本・万江川
 『幻のラフティングコース』と言われ、川幅が細い上コースを塞ぐような大岩が多数点在するため、球磨川水系では最もテクニカルなラフティングコースです。




ラフティング豆知識

ラフティングの舞台となる激流には、激しさを計るグレードがあり、グレード1~6まであります。

グレード1:障害物がなく、さざ波程度の早瀬がある。
グレード2:テクニカルな早瀬があり、ラフトを操作する必要がある。
グレード3:適度な急流があり、継続して操船する必要がある。
グレード4:激流があり、確実な操船能力と高度なテクニックが必要。ラフティング未経験者が 参加できる最大のグレード。
グレード5:複雑な激流があり、非常に高度なテクニックが要求される。コマーシャルラフティングが行える最大のグレード。
グレード6:極めて難しい激流があり、船行は不可能に近く、非常に危険。



ラフティング世界大会など本格的なレースラフティングの大会では、世界クラスのグレード5の激流で行われ、その大波は4メートルを超え、落差5メートル級の滝も含みます。
これは十分な知識と技術を持ったクルーでもわずかなミスで転覆する極めて難易度の高い激流です。
激流に挑む度胸、自然や仲間と調和する精神、川の流れを読む知性、激流を漕ぐ体力が要求されます。



HOME水遊びレジャー紹介ラフティング
関連記事
  • Edit
  • 00:57
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1060-42503923

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top