スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「信州サーモン弁当」が人気!<信州サーモン>10年がかりで新品種 人気特産品に成長

信州サーモン弁当」が人気!<信州サーモン>10年がかりで新品種 人気特産品に成長

 海のない長野県で取れた「信州サーモン」が人気を集めている。昭和初期以降、長野ではサケの遡上(そじょう)が見られなくなったが、県は淡水でも生きられるサケ科の特性に着目。川魚の養殖技術を生かし、約10年かけて新品種を開発した。生産量も当初の5倍に伸び、東京の三つ星レストランでも扱われている。

 信州サーモンは、肉質の良いニジマスと、ウイルス性の病気に強い欧州原産「ブラウントラウト」を交配、県水産試験場が刺し身用に開発した。現在は県内の約40業者が手がけ、日本アルプスの清らかな冷水は養殖に最適という。生産量は05年の38トンから08年には190トンに伸びた。

 県園芸畜産課によると、県内だけで約350のレストランやホテルが扱うほか、JR東京、長野駅などでは「信州サーモン弁当」が多い日で100個以上売れるという。同課の山本聡水産係長は「地場産のメーンディッシュが少ないのが観光の悩みだったが、近海で取れる魚と比べても鮮度で引けを取らない」と自負する。

 長野では戦前からニジマス養殖が盛んだったが、70年代に米国への輸出が落ち込み、国内の魚離れも進んで衰退した。同課によると、天然のサケは寄生虫の恐れがあり、そのままでは刺し身などの生食に適さず、国内で口に入るのはノルウェーやチリの養殖ものが大半という。これに対し、信州サーモンは鮮度で圧倒的に勝り、卵を産まない品種のため、うまみを身に蓄えているという。

 同県安曇野市で信州サーモンを養殖する矢花功さん(59)は、稚魚を約2年かけて2.5~3キロまで育てている。「臭みがなく、適度に脂があってうまい。長野にこんな特産があることを知ってほしい」と太鼓判を押している。【竹内良和、大島英吾】
7月12日20時2分配信 毎日新聞


サケマスもどちらもサケ科とはいえ、ニジマスブラウントラウトの交配種とすると「信州マス」と読んだほうが正しいように思いますがw


関連記事
  • Edit
  • 20:35
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1138-55adf81f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。