スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

川面を染める炎 観光火振り漁始まる

川面を染める炎 観光火振り漁始まる

 和歌山県古座川町で11日、アユ火振り漁を観光客に見てもらう「観光火振り漁」が始まり、たいまつの炎が川面を幻想的に染めた。
 たいまつの炎でアユを驚かせ、あらかじめ仕掛けた網にかけて捕る漁法。明治時代、山口県から同町に出稼ぎに来ていた林業家らが伝え、大正時代に広まったとされる。
 観光火振り漁は、この伝統漁法を知ってもらおうと20年ほど前から始めた。古座川町商工青年観光事業組合が行っている。以前は、観光客は屋形船から見物することができたが、スタッフの高齢化などで船の管理が難しくなったため、今は川岸から見物してもらっている。
 この日は同町月野瀬の大屋一成さん(53)と同町高池の杉尾行久さん(33)が船を操り、火振り漁を披露した。あとで観光客も船に乗って体験した。雨で水量が多いなど条件が悪く、捕れたアユは少なかったが、観光客は「きれい」と感嘆し、炎にじっとみとれていた。
 大阪府岬町から訪れた吉浦昌子さん(51)は「静寂の中で魚が跳ねる音や、たいまつの炎が空気を切る音が聞こえ、とても幻想的だった。すてきな体験ができた」と満喫した様子だった。
 観光火振り漁の期間は9月10日まで。料金は1人2000円で、2人以上から受け付ける。問い合わせは古座川町商工会(0735・72・3110)へ。
7月13日17時18分配信 紀伊民報


炎が幻想的ですね☆
関連記事
  • Edit
  • 19:56
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1140-e0e7ece3

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。