スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

封印されたままの「昭和」 長崎市・軍艦島

封印されたままの「昭和」 長崎市軍艦島

 桟橋に打ち付ける波音だけが響く「封印された島」は、「昭和」で時が止まっているようだった。

 「軍艦島」。長崎半島の沖に浮かぶ周囲約1200メートルの島は、かつて海底炭鉱で栄えた。長崎市に属し、正式名を「端島(はしま)」という。島影が戦艦「土佐」に似ていたことからそう呼ばれている。

 軍艦島の歴史は明治初めまでさかのぼる。昭和49年の閉山まで、採掘された石炭は約1570万トン。採掘現場は海面下1千メートルまで及んだという。最盛期の人口は約5300人。人口密度世界一の島だった。

 炭鉱の労働は過酷だったが生活は豊かだった。20代を島で過ごした、長崎市の熊正五郎さん(72)は「テレビや洗濯機、何でも一番よか品物ば買いよったもんね」と当時の暮らしぶりを懐かしむ。さらに「毎週、長崎まで連絡船で遊びに行きよった」とも。他の職種では、どんなに残業をしても、炭鉱での収入にはかなわなかったという。

 閉山から35年。島は今年1月、「九州・山口の近代化産業遺産群」の一つとして世界遺産の暫定リストに入り、4月には上陸観光が解禁された。長崎市によると予想を上回る人気だという。

 学校や病院、高層アパート、パチンコ店、映画館…。上陸してみると、建物は崩れ落ち、かつての海上都市は荒れ果てていた。だが、「廃虚の島」が日本の近代化を支えた貴重な存在ということは間違いないだろう。

 忘れられていた軍艦島は、産業遺産として新しい時を刻み始めている。

7月26日12時27分配信 産経新聞


時代のニオイを感じますね☆
関連記事
  • Edit
  • 13:50
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1213-cdfa67cb

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。