「筏流し」60年ぶりに保津川で再現 嵐山まで保津峡の急流下る

筏流し」60年ぶりに保津川で再現 嵐山まで保津峡急流下る

 かつて丹波地域の木材などを京都に運んだ「筏(いかだ)流し」が9日、約60年ぶりに京都市内の保津川で再現された。全長約24メートルの6連の筏が水しぶきを上げ、右京区内から嵐山まで保津峡急流を下った。
 京都府南丹広域振興局や亀岡市文化資料館などでつくる「京筏組」の主催。昨年秋、亀岡市内の保津川での再現イベントに続く2回目の筏流しで、今年は難所の保津峡に挑戦した。
 筏は午後2時ごろ、保津川下りの船頭6人が操り、右京区嵯峨水尾の河川敷を出発。川幅の狭いところでは、両岸に迫る岩を巧みなさおさばきで避けるなどして、急流を乗り越えた。約5キロの川を下り、約1時間40分後に嵐山に着いた。
 筏の先頭で川を下った船頭の河原林洋さん(36)は「感動した。昔の筏師の苦心が分かった」と話していた。(近藤大介)
9月9日22時59分配信 京都新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090909-00000046-kyt-l26



60年ぶりですか!

関連記事
  • Edit
  • 07:22
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1367-299bef14

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top