スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

秋のしまなみ海道を行く 開通10周年記念の自転車旅

秋のしまなみ海道を行く 開通10周年記念自転車旅

 広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶしまなみ海道は今年、開通から10周年を迎えた。3つある本四架橋の中で、しまなみ海道は唯一自転車の通行が可能だということは、意外と知られていない。JR四国は10月、松山駅から海道入り口の波止浜駅(今治市)への臨時電車「サイクルトレインしまなみ号」を運行した。自転車を積み込めるとあって、サイクリング客に人気だ。「自転車から瀬戸内海のきれいな景色をみたい」と思いつつも1人では寂しいので、日ごろの“戦い”はひと休みし、ライバル紙の後輩記者(27)を誘って旅に出た。(文・写真 岡嶋大城)

 10月23日午前7時20分ごろ、特製ヘッドマークを付けた2両編成の電車が松山駅のホームに滑り込んできた。乗車口は、約50台の自転車とサイクリング客でにぎわう。

 走行中に事故が起きないよう、車内では客が自転車と手すりにきつくひもを結んでいる。大学のゼミ仲間約20人とともに今治市街地の対岸、大島の村上水軍博物館へ行くという松山大2年、森山剛さん(19)は「普段できない自転車での電車の旅を楽しんでいます」と笑顔をみせた。

 瀬戸内海沿岸を走り出した電車は行き違いを繰り返しながらゆっくりとしまなみ海道を目指す。

 のどかな景色を眺めながら松山駅で買った朝食用の駅弁を広げ、小旅行を満喫。1時間ほどで波止浜駅に到着した。

 波止浜駅で学生らと別れてレンタサイクル店で自転車を借り、約7キロの来島海峡大橋を渡って大島へと向かった。片側2車線の道路の両脇にミニバイクと自転車、そして歩行者が通行可能な道路が併設されている。

 潮の流れが速く、海上交通の難所として知られる来島海峡。眼下には所狭しと大型船舶が東西に航行する。小高い丘の上には灯台や海上保安庁の海上交通センターがあり、海運の安全を見守り続ける。

 美しい景色に見とれはしたが、実は巨大な橋は緩やかなアップダウンを繰り返していて、なかなかきつい。後輩記者に後ろから抜かれるありさまで、普段の運動不足とふがいなさを痛感した。

 来島海峡から大島に入り、昼過ぎに島の北端にある村上水軍博物館前の食堂「能島水軍」へ立ち寄った。お目当ては海鮮バーベキュー。鯛をはじめ新鮮な瀬戸内の幸が七輪の上にズラリと並んだ。

 近くの席にはサイクルトレインの車内で出会った松山大の女子大生2人が七輪で暖をとっていた。「一緒にバーベキューをしませんか」と声をかける後輩記者。写真撮影にも快く応じてくれた。

 お腹がふくれてきたころ、食堂脇の港から潮流を楽しむ観光船が発着していることに気づいた。

 島の間にある約50メートルの狭い瀬戸を抜けると、温泉のように吹き出す潮の渦を見ることができるという。観光船の船頭を務める宮窪町漁協(今治市)の村上金治さん(54)は「瀬戸内の自然を、どうすれば楽しんでもらえるかということばかり考えています。また来たいと思っていただけるといいですね」。

 船上にはわれわれと同じ、瀬戸内の休日を満喫するたくさんの観光客の姿があった。

11月14日18時47分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091114-00000556-san-soci



最近は自転車を乗せられる車両を用意しているところが、いくつかあるようですね。
「駅からサイクリング」ツアー、自転車そのまま電車へ、房総の景色満喫
関連記事
  • Edit
  • 21:39
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1617-9669cb58

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。