アユのそ上順調 組合員ら期待

アユそ上順調 組合員ら期待

 和歌山県古座川町の古座川アユそ上が順調だ。昨年の初確認は3月中旬だったが、今年は例年並みの2月中旬から見られた。以降、あちらこちらで目撃情報があり、アユを狙ったカワウの大群も確認されている。古座川漁協は「2月上旬から順調に降雨があり、水量が豊富にあるなど、川や海の状況が良いのが理由ではないか」と話している。
 そ上状況は組合員が目視で確認する。そ上のピークは3~4月で、5月下旬まで続く。
 2月中旬、古座川本流の古座川町高池や支流の池野山川で全長5センチほどのアユの群れが確認された。2月下旬には同町洞尾でも見られ、組合員が川底の石を持ち帰ったところ、アユがコケをはんだ跡が無数にあった。
 3月20日ごろには、支流の同町中崎でカワウが100~150羽集まり、アユを狙っていたという。組合員は「いつもはカワウを見かけても1カ所に2、3 羽ほど。こんなにたくさん、一度に集まっているのは例年にない」と驚いている。このため、地元猟友会に依頼し駆除しているほか、猟ができる組合員を増員している。
 古座川漁協によると、通常アユの産卵時期は10月下旬がピークで、約2週間後にふ化し、川を下る。昨年の親アユの降下目撃数や産卵状況、流下稚魚調査などの結果から、そ上の量は例年の半分ほどしかないと予想されていたが、今のところ順調だ。
 漁協は「川や海の状態が良く、アユの回帰率が上がったのではないか。現在全長5~8センチ。順調に育つことを期待している」と話している。
 そ上の量は、2005年が例年より少し多かったが、06年は例年の半分、07年は半分よりも少なかった。08年は近年では最も少なかった。
4月1日17時11分配信 紀伊民報



楽しみですね☆

関連記事
  • Edit
  • 19:31
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/164-12f67ba7

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top