スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

リュウグウノツカイ:境水道で捕獲、はく製に 海とくらしの史料館で展示へ /鳥取

リュウグウノツカイ境水道捕獲はく製に 海とくらしの史料館展示へ /鳥取

 ◇体長4.3メートル
 ◇貴重な資料、誘客も期待
 松江市美保関町宮谷沖の境水道で、名前が縁起のいい珍魚「リュウグウノツカイ」が捕獲された。体長4・3メートルで国内3番目の大物という。境港市は26日、「貴重な学術資料だ」として、はく製にして展示すると発表した。06年4月、巨大マンボウ(体長2・8メートル)のはく製を市立海とくらしの史料館展示したところ、好評を得て入館者が急増した。リュウグウノツカイで2匹目のドジョウを狙う。
 リュウグウノツカイは20日、釣り人が岸辺に浮かんでいるのを発見。仲間数人でロープで引き揚げた。捕獲時はまだ生きていたという。市内の水産団体の冷凍庫で保管している。
 市が調べたところ、東海大海洋科学博物館(東京)で展示中の体長5・18メートルと4・85メートルのはく製に次ぐ大きさらしい。国内ではほかに西海パールシーリゾート(長崎)の4メートルのはく製など数匹が展示されているという。
 リュウグウノツカイは水深1000メートル付近に住む深海魚。詳しい生態は不明。今年7月29日にもすぐ近くの境水道で体長1メートルのものが捕獲された。
 はく製化は、10年度当初予算で約450万円を組み、千葉県市川市の専門業者に発注する。10カ月程度かかるとされ、展示されるのは11年2月ごろになりそう。
 年間入館者が2万4000人前後だった同史料館は、西日本最大級のマンボウのはく製が展示された06年度、入館者が4万1000人に急増。マンボウ効果が評判になった。【小松原弘人】
11月27日16時0分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091127-00000188-mailo-l31



4.3メートルって、超巨大ですね☆
関連記事
  • Edit
  • 20:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1662-e6752943

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。