スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

天然キノコ:極端に雨少なく大凶作 川内村の祭りで栽培モノ販売 /福島

天然キノコ:極端に雨少なく大凶作 川内村祭り栽培モノ販売 /福島

 今秋、県内各地は天然キノコ大凶作に見舞われた。成長に必要な雨が極端に少なかったのが原因とみられる。キノコが特産の川内村では、イベントで急きょ栽培キノコを出し、南会津町では安定供給のため農家に栽培を勧める意向の業者もある。「秋の味覚がなくて寂しかった。来年はこんなことがないように祈りたい」との声も聞かれる。【神保圭作】
 マツタケホンシメジ、ヒラタケなどの天然キノコが豊富な川内村。毎年多くの観光客が秋の味覚を求めて訪れる。同村では毎年10月、「OH湯といわなときのこの祭り」で売り込んできた。しかし今年は、マイタケやシメジなどの栽培キノコを販売。名称も単に「かわうち祭り」に変更した。
 同村農村振興課の猪狩貢課長(60)は「川内に来れば天然キノコが食べられるという期待を裏切りたくなかったが、今年は特産と呼ぶには程遠い出来。これではイベントの名前にキノコをうたえない」と話す。
 南会津町の道の駅「たじま」では秋以降、店頭に並んだコウタケホンシメジなどの天然キノコは例年の10分の1。クリタケやナメコは3分の1だという。販売員の大竹弘義さん(55)は「山が乾燥して育たなかった。シイタケなどの栽培ものも出来が悪かった」と話す。今後は店頭に天然キノコを出す農家に栽培も勧め、安定して並べられるよう対策を取るという。
 不作について「県林業研究センター」(郡山市)は、特に9月の少雨が原因と推測する。天然キノコの試験地では、例年は9月下旬にマツタケなど主に10種類発生するが、今年は3種類。担当者は「20年以上研究に携わっているが、こんな不作は経験がない」と驚いている。
 福島地方気象台によると、9月の降水量は▽福島9・0ミリ(平年169・2ミリ)▽会津若松17・0ミリ(同134・0ミリ)▽小名浜15・5ミリ(同205・8ミリ)--。いずれの地点でも観測史上最低を記録した。
12月6日12時0分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091206-00000050-mailo-l07



異常気象が心配ですね。
関連記事
  • Edit
  • 18:00
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1727-e053d49f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。