スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

懸命の延命も実らず 草津 樹齢300年神木が枯死

懸命の延命も実らず 草津 樹齢300年神木枯死

 滋賀県の指定自然記念物である草津草津4丁目の立木神社のウラジロガシが枯れた。樹齢300年を超え、高さ約10メートルの神木として住民から親しまれてきたが、近年、常緑樹から次々と葉が落ち、現在はほとんど落ちてしまった。中嶋一也宮司(38)は「何とか延命させようと頑張ってきたが」と残念がっている。
 ウラジロガシはブナ科コナラ属の常緑広葉樹。中嶋宮司によると、2003年4月に枯れ始めたのに気づいたという。3本に分かれた幹のうち1本の葉が枯れ出した後、徐々に範囲が広がった。枯れた部分を伐採して進行を止めようとしたが、08年10月には最後の1本の幹も枯れ始めた。
 氏子らが添え木をして延命を試み、何とか冬を越した。今年2月には大津市で寺社の樹木を再生する活動をする「淡海(おうみ)の杜(もり)の会」のメンバーが訪れ、根元に落葉を敷いたりシダを植えるなどして、根が乾かないように工夫した。
 だが、努力のかいなく、葉が落ちて幹が乾燥し、中嶋宮司は完全に枯死したと判断。県に連絡し、今月10日には県から「樹木医が枯死と診断した」と伝えられた。氏子らからは、代わって2代目のウラジロガシやサクラを境内に植える案が出ているという。
 「淡海の杜の会」代表で滋賀県立大の森川稔准教授(58)は「会がもう少し早く手入れに加わっていれば、違う結果になったかもしれない」と悔やむ。中嶋宮司は「神社の木々を守るため、神主ももっと樹木の知識が必要だと痛感した」と話す。
12月13日16時39分配信 京都新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091213-00000017-kyt-l25



残念ですね☆
関連記事
  • Edit
  • 22:41
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1767-228f0d88

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。