海の家解体作業が原因か、湘南の砂浜に大量のくぎ

海の家解体作業が原因か、湘南砂浜に大量のくぎ

 海の家解体作業中に落ちて放置されたとみられる大量のくぎ湘南地域の海岸の砂の中に散乱していることが県などの調査で明らかになった。砂浜の利用者らからは改善を求める声が上がっており、県も調査結果を受け防止対策を考案。その実態報告と対策の提案を行う会合が7日、藤沢市内で開かれる。

 発端は昨年4月、アースデイ湘南実行委員会が同市の片瀬海岸東浜で催した「海の大運動会」で2人のけが人が出たこと。競技前に念入りな海岸清掃をしたにもかかわらず、砂の中に埋もれたくぎをすべて見つけ出せなかった。同実行委は県と藤沢市に事実を報告し改善への要望書を提出していた。

 県廃棄物対策課は海の家解体作業が原因とみて、海水浴シーズン終了直後の昨年9月から10月にかけて藤沢、鎌倉両市の5海岸でくぎの散乱状況を調査。計約2100本が回収され、うち約半数が最近まで使われていたものと分かった。

 このため、同課は(1)解体業者にくぎを落とさない工夫と回収徹底を文書で要請(2)解体終了後は海の家経営者が砂浜を確認(3)土木事務所は原状回復の確認と指導の強化を図る(4)同課はくぎの散乱状況を継続的に把握(5)県海水浴場組合連合会はくぎの回収徹底を会員に継続的に周知する―などの対策を考案した。

 「アースデイ湘南2010 海岸美化への取り組み報告会」と題した会合は同実行委が主催し、7日午前10時半から県立湘南海岸公園サーフビレッジの多目的ホールで開く。入場無料(事前申し込み不要)。同課、藤沢市観光課、かながわ海岸美化財団、同実行委の関係者らが、くぎ散乱の実態と対策を報告・提案する。

 くぎの問題について、同実行委メンバーでミュージシャンの琢磨仁さんは「片瀬西浜で約30年間、サーフィンを楽しんでいるが、砂浜に落ちているくぎでけがをした仲間もいる。湘南の海を愛する多くの人々に実態を知ってもらい、県は対策を実現してほしい」と期待する。

 海岸や市街地の美化活動に取り組んできた「鎌倉を美しくする会」の高田晶子代表は「つい先日もボランティア団体の人が由比ケ浜海岸で回収しているのを見たが、2個のバケツに山盛り状態で驚いた。砂浜は、はだしで歩く人もいる。そういう方々を相手に商売をしている人たちが危険なものを残すなんて、あってはならない。出店許可を出した行政の問題でもある」と話していた。
2月6日9時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100206-00000013-kana-l14



残念なニュースですね。
関連記事
  • Edit
  • 10:47
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1890-66e6575a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top