スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

在来魚:回復傾向、ブラックバス駆除が効果--伊豆沼・内沼 /宮城

在来魚:回復傾向、ブラックバス駆除が効果--伊豆沼内沼 /宮城

 県伊豆沼内沼環境保全財団は、両沼の外来食害魚ブラックバスが01年以来の駆除活動で減少し、在来魚が回復しつつあると、栗原市であった「伊豆沼内沼自然再生協議会」で報告した。専門家、漁協関係者に市民が加わった「伊豆沼方式」と呼ばれる多様で持続的な駆除活動の成果が見えてきた。
 報告したのは同財団の藤本泰文研究員(34)で、県内水面水産試験場がとったデータを分析した。報告によると、定置網1枚当たりの1日平均のバス捕獲数は03年の40個体超がピークだったが、09年は約3個体に減少した。
 一方、バスの減少と反比例するように在来魚の捕獲数が増えた。駆除活動前の00年、定置網1枚当たりの1日平均捕獲数は14個体に過ぎなかった。だが、09年は1300個体近くまで増え、バスが増殖する前の96年の捕獲数の半分まで回復した。
 駆除活動は最初、地元漁協が始め、04年から市民ボランティアの「バス・バスターズ」(バス退治人)を含めた厚い駆除体制を整えた。同時にバスの産卵を誘い、卵とともに見張りの雄を駆除する「人工産卵床プラス刺し網法」を開発した。
 回復しつつある在来魚モツゴが大半で、次いでヌカエビ。種類は多くなく、別の外来食害魚ブルーギルが増える傾向もある。藤本研究員は「バス根絶に向けフェロモン駆除法の確立が課題。ブルーギルの駆除手法の開発も急務」と述べ、駆除に手を緩めない姿勢を示した。【小原博人】
3月13日11時38分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100313-00000058-mailo-l04



努力が実りましたね☆
関連記事
  • Edit
  • 14:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/1953-31a575d0

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。