スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

調布・深大寺でゲンジボタル確認-ホタル再生活動で

調布・深大寺でゲンジボタル確認-ホタル再生活動で

 調布の深大寺(調布市深大寺元町5)の水源のわき水近くのせせらぎで5月27日、光を放ちながら飛ぶゲンジボタルが確認された。(調布経済新聞)



 同寺は江戸時代、ホタルの名所として多くのホタルが生息していたが、近年では水質汚染や環境の変化などから見ることができなくなっていた。同市在住の市民らが「深大寺にホタルを再生させたい」という強いで活動を開始した。

 市民らは2006年8月にホタル博士で板橋区ホタル飼育施設の阿部宣男施設長が水質調査を依頼。結果は残留農薬と病原菌細菌が確認され、ホタル再生は不可能に近かった。そこで、土壌活性剤「FFCエース」を池の中に投入し、阿部さんから分けてもらったホタルの幼虫のエサとなるカワニナを放流し様子を観察したところ、カワニナの繁殖やサカ巻貝などが確認できた。阿部さんは「まだ水質が悪いため危険性は高い」としながらも、3,063匹のゲンジボタルの幼虫を寄付。翌年に2匹のホタルが確認された。

 その後さまざまな問題があったが、根気強く活動を続けたことで水質も改善され、昨年8月に約3万匹のホタルのふ化幼虫を放流。今年4月には阿部さんの指導の下、コケを植えるなどホタルが上陸できるよう整備した。

 活動を続けてきた同市染地在住の女性は「阿部先生や張堂住職の協力により、深大寺にホタルが戻ってきた。水質改善には自信を持っていたが、さまざまな問題があり苦労も多かった。これからも活動を続け、子どもたちに良い環境を残したい。まちおこしにもつながれば」と話す。
6月8日11時30分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100608-00000011-minkei-l13



努力が大切ですね☆
関連記事
  • Edit
  • 06:31
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/2147-b98cf8fd

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。