スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

猊鼻渓舟下り・親子2代の船頭、佐藤純一さん /岩手

猊鼻渓舟下り・親子2代の船頭、佐藤純一さん /岩手

 ◇「地元観光資源、世に広めたい」--佐藤純一さん(31)
 一関市東山町の猊鼻渓(げいびけい)の舟下りに今夏、親子2代目の船頭としてデビューした。今年で命名100年を迎えた猊鼻渓で、親子が現役で船頭を務めるのは初めてだ。「やりづらさはあるが、自分で決めた道。仕事では先輩と後輩です」と自分に厳しい一面を見せる。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 地元の高校を卒業後、奥州市のガソリンスタンドなどで勤務。30歳になったのを機に、古里への思いが強くなり、父親で船頭歴17年のベテラン、佐藤清文さん(62)の後押しもあって後を継ぐ決意をした。「接客が好きで、これまでの経験を生かせると思った。地元の観光資源を世に広めたい気持ちもあった」と話す。
 舟下りは、高さ100メートルもある絶壁や奇岩の間を流れる砂鉄川を、船頭が竿(さお)1本で木舟を操作し、民謡「げいび追分」などを披露しながら遊覧する。独り立ちするまで、見習いとして3カ月半修業。慣れない歌の節回しや、思うように動かない舟の操作に苦労した。「体で覚えるしかなかった」と振り返る。
 船頭試験に合格し、7月から本格的にデビューした。当初は1日2回の運航だったが、お盆前後は1日5~6回と忙しさもピークを迎えた。それでも「お客さんから『また来るよ』と言われた時が一番うれしい」と笑顔を見せた。
 「目標は早くおやじや先輩に認めてもらうこと。そのうえで、おやじと違った自分の個性を出し、楽しい安全な運航ができればいい」。緑が映える渓谷に親子の「げいび追分」が響きわたる。【湯浅聖一】
………………………………………………………………………………………………………
 ■人物略歴
 ◇さとう・じゅんいち
 一関市東山町出身。今年4月に舟下りを運航するげいび観光センターに入社。船頭を務める。猊鼻渓は日本百景の一つに数えられ、舟下りは往復4キロ(所要時間1時間半)のコースを運航する。大人1500円、高校生1200円、中学生1000円、小学生800円、幼児100円。

8月24日11時52分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100824-00000068-mailo-l03



いいですね☆
関連記事
  • Edit
  • 05:27
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/2382-0f1ca384

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。