スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

大沼:ヘラブナ呼び戻せ 人工浮島で水質浄化 ヨシ根付かせアオコ抑制 /北海道

大沼:ヘラブナ呼び戻せ 人工浮島で水質浄化 ヨシ根付かせアオコ抑制 /北海道

 ◇漁協と住民が力合わせ
 水質の悪化が問題になっている大沼国定公園の大沼(七飯町)で、特産品だったヘラブナを復活させようと、地元の漁協組合員やボランティアが「大沼の水をきれいにする会」(山岸良作会長)を今月設立し、人工浮島を使った浄化作戦に乗り出した。いかだにヨシを根付かせ富栄養化の元となる窒素やリンを吸収、水質を改善する取り組みで、協力者を募っている。【近藤卓資】

最安値比較!民宿・ペンション予約

 大沼は1640年の駒ケ岳噴火で、折戸川の流れがせき止められて誕生した。周囲26キロには豊かな自然が残るが、沼は流域の開発による土砂の流入や家庭排水で水質悪化が目立つようになり、水の汚れを表す化学的酸素要求量(COD)が80年から環境基準を超えるようになった。95年ごろからは、富栄養化で植物プランクトンが異常発生するアオコも目立つ。
 この影響で、洗いやみそ煮にするとおいしいヘラブナの漁獲量が激減。約30年前には年間15トンの出荷があったが、現在は釣り人がたまに釣り上げる程度で出荷量はゼロだ。
 ◇魚の産卵場所にも
 数年前から地元の研究者らがいかだを使った実験に取り組み、日光の遮断や窒素、リンの吸収などによるアオコの抑制効果や、浮島が魚の産卵場所にもなることが確認された。6月からは同会副会長の宮崎誠さん(61)らが中心になっていかだ作りを本格化させ、これまでに間伐材を使ってヨシを植えた3・6メートル四方の約40基が完成。年内に50基まで増やす予定という。
 「緑の浮島」による水質浄化は、霞ケ浦(茨城県)、渡良瀬遊水池(栃木、群馬県)などでも試みられている。昨年、神奈川県の平塚市役所を退職し、故郷に戻って大沼の汚染に落胆したという宮崎さんは「長い作業になるが、アオコがなくなり、ヘラブナが戻ってくるまで根気よくやりたい」と話している。
 いかだを1基作るのに約1万円かかるため、同会では会員を募集している。問い合わせは大沼漁協(0138・67・2329)。
毎日新聞 9月16日(木)10時54分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000015-mailo-hok



楽しみ☆
関連記事
  • Edit
  • 21:54
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/2436-d4ad25b0

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。