スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

サンゴの保全に効果 オニヒトデや巻き貝駆除

サンゴの保全に効果 オニヒトデや巻き貝駆除

 ラムサール条約湿地に登録され、サンゴの群集地として知られる和歌山県串本町沿岸で、サンゴの天敵であるオニヒトデや巻き貝を駆除している「サンゴを食害する動物駆除実行委員会」(御前洋代表)の活動が成果を上げている。食害が年々軽減し、サンゴの回復が見られるという。



 実行委は串本町内のダイビング業者約30社でつくる。環境省と串本町の補助を受け、毎年ダイバーが海に潜ってオニヒトデなどを駆除している。

 巻き貝の駆除は1999年から始めた。当初は年間で10万匹以上を駆除していたが数が減り、2010年度は5442匹と20分の1以下になった。10年度までの総駆除数は61万9857匹、駆除に参加した延べ人数は2915人に上る。食害に遭った場所は、05年ごろから新しいサンゴが現れたり、食い残しの個体から再生したりして、回復しているという。

 巻き貝よりも大きな被害をサンゴにもたらすオニヒトデの駆除は、大発生が確認された04年から始まった。当初は年間2万匹ほどを駆除していたが、10年度は3274匹まで減少した。10年度までに6万9917匹を駆除した。駆除に参加した延べ人数は4195人。駆除に伴ってサンゴへの食害は軽減しているが、オニヒトデは繁殖力が強いため、7月の繁殖期までに大型個体を中心に駆除して個体数を減らしていくという。

 巻き貝とオニヒトデは個体数が減るにつれて発見が難しくなっている。捕り残した個体から再発生が心配されるため、駆除と合わせて定期的に調査していく。

 御前代表(63)は「国内や世界のサンゴ礁海域では、オニヒトデや高水温による白化、感染症などでサンゴ群集が壊滅状態になっている所もある。しかし、串本のサンゴ群集は、地元ダイビングショップが協力して駆除を徹底しているので、40年以上にわたって海中景観が保全されている。一方で寒波や高水温による白化、感染症によるサンゴの死亡が確認されているため、今後の動向を注視する必要がある」と話している。
紀伊民報 4月12日(火)17時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00000007-agara-l30



守っていくのも大変ですね!
関連記事
  • Edit
  • 19:37
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/2617-fd7d33ce

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。