スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

日高川でアユ釣り早期解禁 遡上多く今後に期待

日高川でアユ釣り早期解禁 遡上多く今後に期待

 和歌山県田辺市龍神村などを流れる日高川で3日、アユ釣りが早期解禁された。全国でも最も早い時季の解禁とあって、県外などから駆け付けた人もおり、今シーズン初のアユ釣りを楽しんだ。



 日高川漁協(日高川町松瀬)によると、日高川でのアユ釣りはこれまで、5月26日を解禁日としていた。しかし、近年は解禁時季に冷水病が多く発生。早期解禁の可能性を探るため、おととしと昨年に漁獲調査を実施していた。

 調査結果を受け、今年3月に県内水面漁業調整規則が改正され、これまでは5月25日までだった禁漁期間が4月30日までになった。同漁協では、今年は5 月3日から10日までを早期解禁期間とし、龍神村湯ノ又の龍王橋下流の本流のみでアユ釣りが可能になった。11~20日の休漁期間を挟み、21日から支流を含む全川で一般解禁する。

 アユ釣り歴約25年という大阪府高槻市の村田充弘さん(50)はこの日、龍神村宮代で午前8時半から1時間ほどの間に12~15センチのアユを3匹釣った。村田さんは「まだ水温が低く、サイズも小さいが、ゴールデンウイーク中から釣れるとあってこの日を心待ちにしていた。塩焼きか天ぷらにしてさっそく味わいたい」と笑顔をみせた。

 龍神村宮代で民宿を経営している五味勇さん(67)は「今年は天然遡上(そじょう)が良好ということなので期待している。本格的に釣れ始めるのは6月後半からではないか」と話している。

 同漁協によると、今年は4月30日までに好調だった昨年の320万匹を大きく上回る410万匹が遡上した。30日までの稚アユの放流量は、椿山ダム上流がくみ上げ50万匹と人工産・海産150万匹、ダム下流が人工産25万匹。今後も川の状況を見ながら放流するという。
紀伊民報 5月3日(火)17時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110503-00000003-agara-l30



楽しみですね☆
関連記事
  • Edit
  • 08:54
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/2686-c75deefe

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。