スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

富士山から湖まで! 山中湖にポップな“水陸両用バス”が登場

富士山から湖まで! 山中湖にポップな“水陸両用バス”が登場

富士急行は4月末より、山中湖(山梨県・南都留郡)にて、県内初となる“水陸両用バス”「YAMANAKAKO NO KABA(ヤマナカコノカバ)」の運行を開始。ポップな車両デザインでインパクト抜群な上に、「陸からそのまま湖に入る」という非日常的な瞬間を楽しむことができると、早くも話題となっている。



車輪とスクリューを備え、陸の上でも、水の中でも走行が可能な「YAMANAKAKO NO KABA」は、四季折々の表情を見せる富士山麓(さんろく)の森林地帯を走行。その後、「陸からそのまま湖に入る」という非日常的な瞬間を経て、山中湖を優雅にクルージングできる乗り物だ。陸上走行、湖上走行ともに15分間ずつ楽しめ、料金は大人1500円、子ども750円(4月30日~6月28日)。

このバスに乗れば、“富士山”と“山中湖”という2大トピックを、「陸からも湖上からも見られる」というのが特徴だが、ポップな車両デザインも見逃せないポイント。九州新幹線「つばめ」や「富士登山電車」のデザインを手掛けた工業デザイナー・水戸岡鋭治氏によって、水と陸の両方で生活する動物の王者“カバ”がポップなテイストで描かれているのだ。同社広報担当者は、「目立ちますので、乗車すれば沿道の人々から注目されますし、見るだけでも楽しめる車両です。“移動手段”としてだけでなく、車両そのものを楽しんでほしいですね」とコメント。

光・風・森・水しぶきといった自然の要素を、“五感”で体感できるエンタメ性抜群の「YAMANAKAKO NO KABA」。“水陸両用バス”は、全国でもレアな存在だということなので、この機会にぜひ乗車してみてはいかが? 【東京ウォーカー】
東京ウォーカー 5月4日(水)15時53分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110504-00000016-tkwalk-ent



一度、乗ってみたい!
関連記事
  • Edit
  • 20:15
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/2689-bbba41df

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。