スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ランニングシューズは過保護!? 新トレンド“裸足感覚シューズ”はブレイクするか

ランニングシューズは過保護!? 新トレンド“裸足感覚シューズ”はブレイクするか

 ランナー必読の書として米国ではロングセラーとなっている『BORN TO RUN』。「人類にとっての走ることの意味」などをテーマとした内容は日本でも人気を博しており、ランナー以外の人々にも話題となっている。



 そして同書の中にあるひとつの考え方が、世界中のランナーの間に波紋を呼んでいる。「クッション性やサポート性に優れたシューズがランナーにとっては過保護になり、ケガの原因となっているのでは?」というものだ。ランナーが着地する際には体重の3倍ほどの衝撃がかかることから、これまではクッション性に優れたシューズがケガを防止すると考えられていた。また、着地時に足が内側に過剰に倒れこむ「オーバープロネーション」の改善にはミッドソール内側の硬度を上げたミディアルポストが効果的とされていただけに、この考え方はランナーたちにとって衝撃的だった。

 同書では「ベアフットランニング」として裸足で行うランニングを紹介。さらに、メキシコに古来から伝わるサンダルで走るタラウマラ族、スポーツサンダルで走るランナーに加え、“裸足感覚”を特徴とするビブラムファイブフィンガーズ社の5本指シューズで走るランナーが登場する。この5本指シューズは同書の人気に比例して良好な売れ行きを記録し、一時はマーケットから在庫がほとんどなくなったほどだ。

 最近筆者が訪れたハワイ・オアフ島では気候の関係もあり、実際に裸足で走るランナーをチラホラ見かけた(彼らが足の保護性の高いシューズに対する不信感から裸足で走っているかどうかは確認できなかったが)。さらにワイキキ周辺では、ポピュラーなランニングロケーションとして知られるカピオラニ公園、アラモアナビーチパーク、フォートデルッシー公園、アラワイ運河沿いのジョギングコースで5本指シューズを履いて走っている人を何人も見かけ、「『BORN TO RUN』がきっかけ?」と聞くと、ほとんどが「Yes!」という返事だった。

 現在ではほかのブランドからも“裸足感覚シューズ”が続々と発表されており、裸足に近い感覚をキープすることで人間が持つ本来の足の力を引き出すことをうたっている。そこで、ここ数シーズンで急速に注目されることとなった各社の裸足感覚シューズの現状と可能性を検証する。

“5本指”が特徴のビブラムファイブフィンガーズ

 裸足感覚シューズの代名詞といえば、なんといっても前述のビブラムファイブフィンガーズ。5本の指を自由に動かすことができ、裸足と同じような開放感を確保している。特徴的な5本指デザインは最初見たときは違和感を感じたものだが、デビューからしばらく経過して、見慣れてくると逆に親しみすら覚える。

 そんな5歩指シューズは、下記のような5つのベネフィットが得られる。

●足の筋肉を刺激することによって強い足を作り、ケガを防止する●足首、足、指の可動域を広げ、自然な足の動きをサポートする●足からの刺激を脳に伝達し、バランスや平衡感覚を改善する●かかととつま先の傾斜がないので姿勢がよくなり、重心が足全体に分散●自然な足の動きや体の動きを促進し、快適な運動を可能にする

 裸足で走ると自然と前足部から着地する形となってかかとから着地するよりもひざやかかとへの負担が少なくなるが、ビブラムファイブフィンガーズを履いた場合も同様のことがいえるという。また走力アップに不可欠な中臀筋やふくらはぎなどの筋肉が効率的に鍛えられていることを実感できるという。

 ランニングに加え、フィットネス、アウトドアといったさまざまなアクティビティに対応するモデルも数多くラインアップされており、これまで普通のスポーツシューズでこれらのアクティビティに臨んでいたアスリートがこのシューズを取り入れる例も増加しているという。米国市場では急激にシェアを伸ばしているが、日本でもランナーだけでなく、アウトドアスポーツ愛好家や一般層にも徐々に普及しつつある。

 筆者は2010年春から同社のランニング対応モデル「SPEED」を着用しているが、シューズに衝撃吸収性がないぶん、着地時に脚部全体で衝撃を緩和するようになり、脚力が向上したのを実感した。毎回同じ負荷の筋トレプログラムを継続すると筋肉が怠けて逆に筋力が衰えるとされているが、毎日同じシューズを履いて同じような距離を同じようなペースで走り続けるのも同様のことがいえるらしい。そこで、ここ1年ほどは週に一度は裸足感覚のシューズを履いて走り、筋肉に刺激を与えている。そうすると、翌日に普通のランニングシューズを履いて走ると、いかにランニングシューズが大きな推進力を与えているかを実感できるのだ。

トラベルシーンにも最適なメレルベアフットコレクション

 2011年に入ってその名も「ベアフットコレクション」というシリーズをリリースし、売れ行き好調なのがメレル。1981年の創設以来アウトドアシューズをリードしてきたブランドだ。ベアフットコレクションは裸足に近い履き心地が人間が持つ本来の力を呼び覚ますというコンセプトで、自然と前足部から着地することで普段使用していない筋肉を使用。脚部がバランスよく鍛えられる。

 またこのシリーズはつま先にゆとりのあるオブリークタイプラスト(木型)を採用し、快適な履き心地なのも大きな特徴。筆者もリリース直後に入手して定期的に着用しているが、ビブラムファイブフィンガーズ同様、履いて走るとインナーマッスルも鍛えられ、脚力が向上していることが実感できる。

 さらに使用していて気付いたのが、持ち運びで通常のスポーツシューズよりも場所を取らないこと。またアウトソールがアスファルトやコンクリートといったオンロードからトレイルのようなオフロードの両方で高いグリップ性を発揮するので、日常のトレーニングはもちろんトラベルシーンにも最適な1足といえるだろう。

スポーツシューズ業界では「ナイキフリー」が先駆者

 最近では裸足感覚シューズの代表としてビブラムファイブフィンガーズが取り上げられることが多いが、実はスポーツシューズ業界で真っ先にリリースしたのはナイキだ。「足本来が持つ『ハダシのチカラ』を呼び覚ます」をコンセプトに、「ナイキフリー」がデビューしたのは2005年のこと。フレキシブルに動く独特な構造のラスト(木型)を採用し、屈曲性に優れたアウトソールを組み合わせる一般的なスポーツシューズよりもサポート性を意図的に弱めて“裸足感覚”を確保した。

 デビューから6年経ち、ナイキフリーは「アスリートが本来持っているパフォーマンスを引き出すフットウエアコレクション」として認知されている。今年に入ってウィメンズ専用モデルを発表、これにマリア・シャラポワら契約アスリートを起用した積極的なマーケティングプロモーションを絡めることにより、女性にも支持を広げている。

 これまで数多くのナイキフリーをトライしてきた筆者が2010年夏より愛用しているモデルが、特にランニングに特化した「ナイキ フリーラン」。アウトソールの前足部に従来モデルよりも多くの屈曲溝を入れることでより高い裸足感覚をキープしているモデルで、このシューズを履いて走った翌日はふくらはぎや臀部の筋肉のハリが強い。普通のランニングシューズよりも高いトレーニング効果が実感できるのだ。

 ナイキフリーは十分厚みのあるミッドソールを使用しているので、ある程度の衝撃吸収性能は欲しいというアスリートにも対応可能。「ビブラムファイブフィンガーズやメレルのベアフットコレクションではミッドソールが薄すぎて心配」というユーザーにも支持されるだろう。

オン・オフロードの2種類から選べるニューバランス「minimus

 「定番」「正攻法」というイメージのニューバランスは新しいジャンルへの参入に消極的な印象があったが、最近ではトーニングシューズをリリースするなど徐々に変化が見られる。そんなニューバランスがリリースした裸足感覚シューズが「minimus」だ。

 minimusの特徴は、オンロードモデルとオフロードモデルでシューズの構造が大きく異なっているところ。オンロードモデルは通常のスポーツシューズとあまり変わらない厚さのミッドソールなのに対し、オフロードモデルは必要最小限の極薄ミッドソールになっている。裸足感覚のレベルや路面に合わせて選べるのだ。また靴下なしでも快適な履き心地を確保するため、ライニングを柔軟な素材にしたり、シューズ内部を段差の少ないフラットなものにするなど、さまざまな工夫が施されている。着用して運動したわけではないが、オフロードモデルを試着したときに感じたのは、ビブラムファイブフィンガーズよりもアウトソールがしっかりとしており、厚みがあること。凸凹のある地面で着用しても地面からの突き上げが少なそうだ。トレイルランに最適なスペックだが、アプローチシューズやカジュアル用途として使用すれば、自然な感覚で脚力向上を目指すことができるかもしれない。またデザインやカラーリングが洗練されている点も魅力だ。

初心者ランナーは注意が必要

 裸足感覚のシューズは、2011年夏のシーズンはトーニングシューズとともに最も注目されるスポーツシューズとなる可能性が高いとされている。しかしこれらのシューズが従来のスポーツシューズからすべて取って代わるかというと、そうではない。ダイレクトに筋肉強化を働きかけるので効率的に筋力をアップさせることができるが、毎日着用するには一般ユーザーには負荷が強すぎる場合も多く、裸足感覚シューズと通常のスポーツシューズを上手に使い分けることが不可欠である。

 また裸足感覚シューズを着用する際には下記のことに注意したい。

●初めて着用するときには短い距離を歩くことからスタートし、足にシューズの感覚を慣れさせることが不可欠。何度か履いてシューズが足になじんでからランニングやトレーニングへと移行すること●これまで使用していなかった筋肉を使うことになるので、初めは無理せずに運動の負荷は徐々に上げていくこと●関節などに故障を抱えている場合は使用しないほうが無難

(文/南井 正弘)
nikkei TRENDYnet 5月19日(木)11時15分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110519-00000001-trendy-ind



5本指シューズは試してみたいな♪
関連記事
  • Edit
  • 05:09
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/2779-267ba05e

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。