スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ミナミアカヒレタビラ:絶滅危ぐ淡水魚を観察 大田・大原川で子どもら20人 /島根

ミナミアカヒレタビラ:絶滅危ぐ淡水魚を観察 大田・大原川で子どもら20人 /島根

 絶滅の恐れがあるとして県が「しまねレッドデータブック」の絶滅危ぐ1類に選定したコイ科の淡水魚・ミナミアカヒレタビラの観察会が21日、日本海側の生息西限である大田市の大原川であった。



 ミナミアカヒレタビラは、県内では同川と宍道湖周辺だけに生息している。観察会は、自然保護の意識を高めようと、生物研究者らでつくる「ミナミアカヒレタビラ研究会」と同市、県が開催。子どもらを中心に約20人が参加した。
 近くの久手まちづくりセンターで座学があり、同会の鴛海(おしうみ)智佳会長が生態や希少性を説明。川に移動し、事前に設置した網にかかっている魚を川に入って回収した。この日はミナミアカヒレタビラはいなかったが、ボラ、ハゼ、ドジョウ、ムツ、さらにアユもかかった。この川ではアユの稚魚放流をしておらず、子どもたちは珍しがっていた。
 市立久手小3年の井上風さん(9)は、カメを手づかみで捕まえ「こんな近くの川に珍しい魚や生き物が多くて面白かった」と楽しそう。鴛海さんは「身近な川での生物の多様性を知ってもらえただけでも目的が果たせました」と話していた。【鈴木健太郎】
毎日新聞 5月22日(日)14時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110522-00000209-mailo-l32



まだまだ自然があるうちに体験できるのがいいですね☆
関連記事
  • Edit
  • 17:10
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/2799-ce9ed92b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。