スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「ギャラクシー・マカオ」ホテルオークラ出店で注目、マカオ第3の巨大リゾートの全貌

「ギャラクシー・マカオ」ホテルオークラ出店で注目、マカオ第3の巨大リゾートの全貌

 2011年5月15日、中国南部沿岸・マカオのコタイ地区に総工費約1650億円をかけた総合リゾート「ギャラクシー・マカオ」がオープンした。施設の総面積は実に55万平方メートル。コタイ地区は、07年の金融危機後は開発が一時的に中断していたものの、景気の回復とともに再開され、急ピッチで発展が続く地区。今やラスベガスを超える収益をあげる新しいマカオの中心地でもある。マカオの今後を占ううえでも重要なギャラクシー・マカオを、開業前に取材した。



 ギャラクシー・マカオは、06年にオープンしたラスベガス資本の「ヴェネチアン・リゾート」、09年のマカオ・オーストラリア資本による「シティ・オブ・ドリームス」という2つのリゾートに続く、第3のメガリゾートだ。これらのメガリゾートの特徴は、豪華で大規模なカジノはもちろん、ターゲット層が異なる複数のホテル、カジュアルから高級店までそろったレストランやショッピングモール、スパやファミリー向け設備まで網羅していること。

 なかでもギャラクシー・マカオは、欧米色の強い先行の2リゾートとは異なるコンセプト「アジアの心」を打ち出している。中心を成すのは、リゾート内にある3つのホテルだ。香港のギャラクシー・ホテル、シンガポールのバンヤンツリー、そしてマカオ初の日系ホテルとなるホテルオークラが、3ホテルで合計2200室を提供している。マカオ訪問者の90%以上は、中国本土を中心とした近隣のアジア諸国からの観光客。ビジターにとっての居心地の良さや安心感という点で、アジア系をそろえた構成は的を射た選択だろう。

 そして食へのこだわりの強いアジア人のために、中国本土の広東省で高い人気を誇る中国料理店「ローレル」や、アムステルダムのオークラでミシュラン一つ星を獲得している日本料理店「山里」を始めとする、アジアの味を中心とした50のレストランが軒を並べる。

 ギャラクシー・マカオのもう一つの特色は、「ファミリー・リゾート感覚」。先行の2リゾートも、スイミング・プールや子どものプレーエリアなどを提供し、ファミリー向けプロモーションも盛ん。だが実際に中を歩くと、カジノが全体の中心に位置しており存在感が非常に強い。一方でギャラクシー・マカオは、3万9000平方メートルの巨大なカジノを備えながらも、避けようと思えば一切カジノを目にすることなく館内の施設を最大限に楽しめる構造になっている。

 特に、5万2000平方メートルの敷地に世界最大級の波のプールを備えた「グランド・リゾート・デッキ」は、人工の白い砂浜にパラソルなどが並び、さらに3400平方メートルものスパを備えている。家族連れやリゾート気分を味わいたいビジター、地元客からも人気を博すことだろう。

 オープン2日前に開催された世界各国のメディア向けのプレビューツアーに、筆者も参加した。今回オープンするのはリゾート全体の一部に過ぎないというが、それでも4時間近く歩き通しなのだから、その規模の大きさを実感させられる。

 さまざまな施設を見学するなかで、同行した現地や海外のメディアが最も大きな盛り上がりを見せたのが、日本のホテルオークラだった。

ロビーから客室、スタッフまで、日本の良さを体現したオークラ



 ホテルオークラマカオの天井の高いロビーは威圧感がなく、モダンでありながらも正統な和の品格がある。そしてインテリアとともに、ここでの主役は、ピンクの着物をまとい、挨拶する日本人女性スタッフの姿だった。

 ふと見ると、各国のメディアが彼女たちに群がって大撮影大会が始まっている。一緒に記念写真を撮っている記者も多い。震災以降、残念ながら激減してしまったものの、ここ数年、ここマカオや香港、台湾や中国本土では、日本への旅行が大ブームだった。

 「日本は清潔で、上品で、サービスや物の造りが丁寧で、人が優しい」――。年に何回も日本へ遊びに行くという中国系の人たちが、日本の魅力を熱く語るのを、筆者も数え切れないほど聞いてきた。そんな人たちを夢中にさせてきた日本の良さが、このオークラのロビーに凝縮されているように思えた。香港や広州などに多い日本人在住者にも、近場で味わえる日本として喜ばれるだろう。

 「エレベーターホールの形状は神社を、客室に向かう廊下の脇にある提灯は日本の旅館をイメージしています。客室ではカーテンが障子、壁は屏風をイメージしたデザインになっていて、和への意識を全体的にさりげなく散りばめています。ここにいると何となくほっとする、落ち着くという感覚は、そんなところから来ているのかもしれません」。そう語ってくれたのは、ホテルオークラマカオの営業部長である藤井良成氏だ。

 昨年8月からマカオに駐在し、オープンに向けた陣頭指揮をとってきた藤井氏。マカオ出店について詳しく話を聞いた。

 マカオのホテル業界の悩みの種は、常に人材の確保である。何しろ、一定の割合でマカオ人を雇用しなければ外国からの人材を雇うことができないよう、政府が規制を敷いている。優秀なマカオ人の引き抜き合戦が絶えないのだ。

 「マカオでの人材採用にはかなり努力しまして、開業前に2年間を費やしています。ホテルでの勤務経験よりは、物の考え方や素直さなどの『ハート』を重視しました。マカオ大学日本語学科の卒業生などから、未経験者であっても素質があり、落ち着いた人格で、ここで長く働きたい希望を持っている人を採用しています。最初から100%の力を発揮させるのは無理かも知れませんが、素質のある人であれば徐々にいい形に育っていくからです」(藤井氏)。

 幸いなことに、元来おっとりしていて経済的にも恵まれているマカオ人は、オークラのカラーには比較的合いやすいようだ。

香港企業を驚かせた完璧主義。「震災後だからこそ誇りを見せる」



 オークラの姿勢は、開業前のさまざまな調整面にも大きく反映された。

 「完成後のタッチアップ(修正・改良作業)には、合計で約3カ月を費やしています。去年の暮れから東京のオークラの施設専任チームがマカオ入りし、出来上がったフロアから順にチェックを入れて、300箇所以上の指摘をしました。それを修繕して、再度チェックという作業をすべてクリアしています。施設だけではなく、チェックインの早さなどを含めたサービスのチェックも行いました」(藤井氏)。

 香港企業であるギャラクシー・マカオのトップも、オークラのそんなノウハウに興味津々だったらしく、実は毎日のようにオークラの作業現場を見学していたという。彼らにとっては日本の伝統ある一流ホテルのやり方を学ぶ、絶好の機会だったようだ。

 さらに、スタッフが実際に泊まってのシミュレーションも開業の前週まで続けたという。「例えば、朝の7時に全室一斉にお風呂のお湯を全開にしてみて、ボイラーに影響がないかなど、一点ずつ調べては、修正を続けていました」と藤井氏は語る。

 一流ホテルであっても、引き出しを引いたら取っ手が落ちたり、お風呂の蛇口を回したら外れてしまったり、ということも珍しくないマカオのホテル業界。オークラの取り組みは非常に高水準なものだ。

 山里を含めたホテル全体について、震災の影響は「ないと言えば嘘になります。しかし、意識過ぎないように努めて、日本企業が海外進出して元気にやっている姿を、日本の皆さんにお見せするのがとにかく一番だと考えるようにしています」(藤井氏)。

 この山里の店内には、ギャラクシー・マカオならではのユニークな設備があった。

 「ギャラクシーのコンセプトは名前から分かるように『宇宙』なのです。それから連想するどこか未来的な感覚を、デザイナーが山里にも採り入れたのが、これです」と見せてくれたのが、繭のような巨大な白い球体の中に畳が敷かれた小さな茶室。日本から来ている着物姿の茶名人が、優雅なお点前を披露してくれる。予約制で一度に2名ずつ入れるというから、開業後は人気を呼ぶことだろう。

3軒のホテルでアジア市場を網羅



 「オークラは日本、台湾、韓国で知名度が高く、香港企業のギャラクシーは中国本土と香港に強い。そしてシンガポール系のバンヤンツリーは東南アジア、というかたちで、今回ギャラクシー・マカオにそろった3つのホテルは、アジア市場をうまく網羅できています」(藤井氏)。

 そんな3軒の中で、最もリゾート色が強いのがバンヤンツリーだ。タイ・プーケットをはじめ23カ国で展開中のスパリゾートの草分けで、カジノ以外の観光の魅力を高めたいマカオにとっては、期待される存在だ。東南アジアならではのエキゾチックな雰囲気のなか、バス付きリビングルームのあるスイートなど客室246室に加え、落ち着いたヴィラ棟10棟も備えるぜいたくな造りになっている。

 一方、リゾート全体の2200室のうち1500室を占め、価格帯も最も手頃なギャラクシー・ホテルは、機能性を強調した近代的な大型ホテル。カジノ客はもちろん、家族連れも安心して宿泊できる。

 今回の開業はギャラクシー・マカオの第一フェーズに過ぎない。今年中に、世界的に有名な香港のデザイナー、アラン・チャン氏の手による1930年代の上海をイメージしたナイトクラブや、3D映画館を含めた9つの多目的シアターなど、エンターテインメント設備が続々と加わっていく。

 しばらくはマカオの話題の中心になりそうな勢いがある新リゾート。そこに日本のホテルオークラがどのようになじんでいくかに注目したい。

(文・写真/甲斐美也子)
nikkei TRENDYnet 6月2日(木)11時38分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110602-00000006-trendy-bus_all




行ってみたい♪
関連記事
  • Edit
  • 22:59
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/2848-f3070993

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。