スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

遡上するサケ、命の輝き放つ 茨城県筑西市・五行川

遡上するサケ、命の輝き放つ 茨城県筑西市・五行川

 せせらぎに金色の背びれが輝く。川に架かる橋に立つと、「パシャッ、パシャッ」という音が短い周期で聞こえてきた。産卵のために故郷に帰ってきたサケが、水面をひれで激しくたたき付けていた。茨城県筑西(ちくせい)市を流れる五行川(ごぎょうがわ)。北太平洋やベーリング海などを回遊し数千キロにも及んだサケの旅も、あと少しで終わりだ。

遡上するサケ、命の輝き放つ 茨城県筑西市・五行川

 浅瀬で体をぶつけ合うサケの険しい顔には、川に上がってから発達する鋭い歯が光る。遡上(そじょう)の2カ月前からサケは何も食べない。なのに発達する歯は、新しい命を残すために厳しい争いが繰り広げられる証しだ。雌は良い条件の産卵場所を求め、雄は雌を奪い合う。

 「昔からサケがいたかな、水は澄んでいて子供の頃には水遊びをしていたけれど、見た覚えはないんだ」。遡上を見守る地元の人たちはそう話す。サケの生息分布では利根川が太平洋側の南限だ。その上流の五行川では川幅が狭いところがあり、水質も良いことから生態が身近に観察できる。市街地でこのような場所は珍しく、近年11月になると遡上のピークを迎え、多くの人が雄姿を見に訪れる。

 五行川で遡上が確認されたのは、平成15年の秋という記録が残っていて、流域の環境調査中に、上流の栃木県真岡市内で偶然発見されたのだという。発見以降、多くの人に環境保全の大切さを理解してもらおうと孵化(ふか)事業も始まった。

 専門家は遡上には川の水質だけではなく、産卵に適した大きさの砂利、孵化するための水温、さらには稚魚が食べる昆虫が生息していることなど、様々な条件を満たしている必要があると話す。

 生まれた川に戻る母川回帰(ぼせんかいき)という性質を持っているサケ。ただし迷って、別の川に向かってしまうこともあるらしい。五行川はサケにとって自然産卵が行える心地よい環境だったのかもしれない。

 流域の環境向上に取り組み、近隣の小学校などで生態系などを教える出張授業なども行っている、NPO法人「未来につなごう鬼怒川・小貝川の会」の古沢諭理事長(56)は「子供たちが成長しても、故郷にサケが遡上する川があるということを誇りに思っていて欲しい。そしていつの日か自然産卵だけでも、たくさん遡上する川になれば」。そう話す。

 水中の様子を撮影するために、そっと川の中を観察した。穏やかな様子のサケが静かに流れに耐えている。無事に産卵を終え、母になったサケは2~3週間、力尽きるまで、子供の無事を祈るように卵をじっと見守るのだという。(写真報道局・大塚聡彦)
産経新聞 11月27日(火)14時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121127-00000126-san-soci



カラフル♪



関連記事
  • Edit
  • 07:10
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/3117-9ae42f23

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。