春の植栽始まる 「企業の森」事業

春の植栽始まる 「企業の森」事業

 和歌山県の「企業の森」事業に参加する企業が、田辺市龍神村で春の植栽活動を始めた。11日には、パナソニック電工(本社・大阪府門真市)の社員や家族ら400人近くが参加し、険しい山の斜面で森づくりに汗を流した。龍神村では今後、二つの企業が植栽活動を行う。
 県森林整備課によると、企業の森には現在、48企業・団体が参画している。うち田辺市を活動地にしているのが23団体・企業で市町村別では最も多く、龍神村では8企業が活動をしている。
 パナソニック電工は2006年、龍神村で初めて企業の森に参画した。甲斐ノ川の民有地約20ヘクタールを「ながきの森」とし、1年約2ヘクタールずつ、10年かけてウバメガシやケヤキ、コナラなどの苗木約4万5000本を植える計画だ。
 今回で3回目となる植栽活動には、同社の畑中浩一社長や役員、社員とその家族、OBらのほか、研修もかねて新入社員約170人も参加。畑中社長が「地球環境に少しでも役に立ちたいという思いから始めた。今日は汗をかき、爽快(そうかい)な気分でリフレッシュしてもらいたい」と呼び掛け、参加者は森林組合職員の指導を受けながら苗木約2000本を植えた。
 新入社員の浅尾将大さん(22)は「自然と触れ合える活動に参加でき、エコについての意識が深まった」。娘の佳歩さん(8)と参加した岡下健司さん(39)は「子どもにいい経験をさせたいと今回初めて参加した。大変ですが楽しい」と話した。
 同課によると、龍神村での植栽活動は今後、18日にNEXCO西日本グループの社員と家族ら約250人、25日には、さわかみ合同会社の社長と社員、家族ら約30人が植栽活動を行う予定。
4月13日17時25分配信 紀伊民報



法人の財力に期待!
関連記事
  • Edit
  • 20:24
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/371-c568be95

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top