小学生がナシの受粉体験/川崎

小学生がナシ受粉体験/川崎

 大きく育て、川崎ナシ―。川崎市立川中島小学校と市立東大島小学校の四年生約百四十人が、同市多摩区生田三丁目の太田喜治さん(76)経営のナシ園で、川崎生まれの「長十郎梨」の受粉を体験した。

 長十郎梨とは、一八九三年に川崎の当麻辰次郎が開発した品種。病気に強く多くの実をつけることから、広く全国で栽培された。

 受粉体験は両校の総合学習の一環で、市内で郷土起こしに取り組む市民らによる「多摩川クラブ」の協力。太田さんのナシ園に長十郎梨の原木があることから、二年前から始まった。

 児童らは、紙芝居で長十郎梨の由来などについて学んだ後、ナシ受粉に挑戦。花粉のついたぼんてんを手に、長十郎梨などの白い花一輪一輪に、丁寧に花粉をつけていった。

 川中島小四年の金田直大さん(9)は「川崎に畑が広がっていたなんて知らなかった。ナシは好物なので、実がなるのが楽しみです」と笑顔で話した。

 ナシは八月下旬から九月上旬に収穫され、受粉体験に参加した児童らの給食として振る舞われるほか、九月の収穫祭で児童らが長十郎梨をアピールするイベントを行うという。
4月13日22時0分配信 カナロコ



まだ川崎にナシ畑があるんですね!
関連記事
  • Edit
  • 06:03
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/374-72305c90

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top