身近な自然に親しんで/川崎・多摩川で児童が課外授業

身近な自然に親しんで/川崎多摩川で児童が課外授業

 多摩川にすむ生き物に触れようと、川崎市立上丸子小学校(同市中原区上丸子八幡町)の四年生と、対岸にある東京・大田区立嶺町小学校五年生の児童計約百六十人が二十七日、同市中原区の多摩川流域で合同課外授業を実施した。アユテナガエビなどを目にした児童は目を輝かせていた。

 同授業は多摩川流域で町おこしを行う特定非営利活動法人(NPO法人)「多摩川塾」が、「身近な自然に親しんでもらいたい」と小学生を対象に開いている。三回目の今回は、春に海からさかのぼってきた魚を観察した。

 この日は川の流れが速かったため、児童が直接川に入ることはできなかったが、バケツを手に川岸で待機。教諭らが捕獲した魚を受け取るとすかさず手で触るなど、初めて手にした生き物に興味津々だった。

 捕獲した魚は、全長三センチのウキゴリ(スズキ目ハゼ科)や、熱帯に分布するテナガエビなど小さなものから、全長三十センチを超えるコイまでさまざま。一時間で約三百五十匹を超える“大漁”に、上丸子小の小金井美愛さん(9)は「こんなにたくさん捕れるなんてびっくり。すいすい泳いでいて気持ちよさそうだった」と笑顔で話した。

 捕まえた魚は児童の手で川に返され、一部は研究のため上丸子小に引き取られた。

4月27日18時0分配信 カナロコ



川の両岸の小学校での共同授業なんていいですね☆
関連記事
  • Edit
  • 22:16
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/543-786341a9

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top