水質悪化の赤田川、竹炭で浄化作戦 木津川市会会派や地域住民

水質悪化赤田川竹炭で浄化作戦 木津川市会会派や地域住民

 上流の奈良市域で産業廃棄物の投棄や養豚場があり、水質悪化との関連が懸念されている木津川市加茂町の赤田川で、市議会の会派や地域住民が川底に「竹炭」を置く浄化作戦に取り組んでいる。2月に竹炭を設置し、田植え前の4月下旬に引き上げた。水質調査で効果も確かめられた。
 木津川支流の赤田川は、以前から水質悪化が問題になっていた。竹炭につく微生物が有機物を分解する作用に注目した市議会会派、イレブンの会が呼び掛け、2月中旬、5キロの竹炭を入れた網を計10個、設置した。
 設置作業は、長年にわたり水質問題を追及している共産党市議団の議員、地元の西小(にしお)区、高田区の役員も参加。木津川流域の水質調査に取り組む木津高化学クラブも協力した。
 2月の水質調査ではアルカリ性の度合いが極めて高く、汚れの総量を表す化学的酸素要求量(COD)が12・45-6・13もあり、数値の高い上流側に汚染源があることを裏付ける結果となった。
 田植え準備で増水する前の4月29日、市議や住民、市職員、木津高生ら12人が、どぶのにおいのする中で竹炭を引き上げた。水質調査も行い、竹炭設置後に下流側で浄化の効果が表れていることがわかった。
 イレブンの会代表の曽我千代子さん(60)は「加茂では米作りに使う大事な川。少しでもきれいになるよう、汚染源の対策と合わせて取り組みを続けたい」と話す。
5月8日10時59分配信 京都新聞



京都という響きには清涼なイメージがありますが、実際には真逆っぽいのかな?
関連記事
  • Edit
  • 11:05
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/699-cadaeff1

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top