足跡化石:ゾウやシカ類、鈴鹿川支流で80個--県立博物館調査 /三重

足跡化石ゾウシカ類、鈴鹿川支流で80個--県立博物館調査 /三重

 ◇9日現地説明会
 県立博物館は7日、鈴鹿市伊船町の鈴鹿川の支流、御弊(おんべ)川で行っている古代象「ミエゾウ」の足跡化石発掘調査で、ゾウシカ類の足跡化石が約80個見つかったと発表した。約270万年前に、ゾウが生息していたことがわかった。今後、ゾウがミエゾウなのかを詳しく調べる。9日に現地で説明会を開く。
 同館は4日から9日まで、御弊川の鈴峰橋近くで約210メートルの河床を調査している。7日までに、ゾウ類やゾウ類とみられる生物の足跡化石が70個以上、シカ類とみられる足跡が約10個見つかったという。
 足跡のほかに▽草食動物のふんを食べるマグソコガネや湿地に住む昆虫の化石▽水辺に生える植物化石▽淡水生のタニシ、イシガイの貝化石--も見つかった。これらの結果から、約270万年ごろ、調査地点近くを川が流れ、周辺には湿地が広がり、ゾウやシカ類が生息していたと推測できるという。
 今回の調査は、昆虫や植物などさまざな分野の専門家が参加しているのが特徴で、同館は「ミエゾウの生息の有無だけではなく、当時の環境について、総合的に研究することができる」としている。
 現地説明会は9日午前11時から。予約不要で無料。雨天の場合は中止となる。問い合わせは県立博物館(059・228・2283)まで。【岡大介】
三重版〕
5月8日12時1分配信 毎日新聞



ロマンですね☆
関連記事
  • Edit
  • 13:18
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/703-81f87461

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top