ひょっとして…主? 110センチ超のビワコオオナマズ捕獲

ひょっとして…主? 110センチ超のビワコオオナマズ捕獲

 近江八幡市沖島の漁師、西居正吉さん(75)が13日朝、高島市沖の琵琶湖で110センチを超えるビワコオオナマズを捕獲した。西居さんは「これだけ大きいナマズは初めて見た。琵琶湖の主だろうか」と興奮していた。
 同日午前6時ごろ、高島市の安曇川付近の沖で仕掛けた刺し網にかかっているのを発見。引き上げて琵琶湖博物館に連絡し、引き渡した。
 年齢性別は不明だが、腹が大きくなっており、メスの可能性が高い。ビワコオオナマズは普段、沖合に生息しているが、これから産卵時期が始まるため岸に近寄っているという。
 ビワコオオナマズは琵琶湖の固有種で、生態系の頂点に位置。博物館の磯田能年(たかね)主任技師は「1年で30センチ近く成長する。この種の中では最大級の大きさだろう」としている。引き上げられた際のけがを治療した後、博物館で展示することもあるという。
 湖で60年近く漁をしている西居さんは、この日が誕生日。「引き上げるのが大変だった。漁師でも見たことが少ないのでは。湖の主に出会えて、ありがたい」と喜んでいた。
 (小西数紀)
5月14日14時3分配信 中日新聞



小学生くらいの大きさですね☆
関連記事
  • Edit
  • 21:13
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/775-17b7348f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top