快走ソーラー屋形船 NPO法人が八戸港で試験運航

快走ソーラー屋形船 NPO法人が八戸港で試験運航

 環境問題に取り組む青森県八戸市のNPO法人「青い海」が24日、太陽光を動力にした屋形船の試験運航を八戸港で行った。昨年の原油価格高騰を受け、重油に代わる漁船の動力源として太陽光の可能性を探るのが狙い。将来はソーラーシステム分野の開発を進め、新たな雇用創出を目指す。

 屋形船は同市沼館の桟橋を出発し、30分かけて八戸港を周遊した。総重量は約4トンで、10人乗り。22枚のソーラーパネルを屋根に張り付けている。

 最大出力は1キロワットで、太陽光を電気エネルギーに変えて動力にする仕組み。電力はバッテリーに蓄え、曇りや雨の日でも連続2時間の運航が可能という。

 八戸工大の藤田成隆学長補佐らとともに、原油高が深刻化した昨年5月に開発を始め、今月完成した。4月に一般向けの乗船を開始する予定で、八戸港や新井田川を約一時間、周遊する。

 今後はソーラーシステム技術をプレジャーボート漁船に活用できるよう改善を重ねる方針。青い海の副島勝雄副理事長は「燃油代が経営を圧迫している漁業を支援するとともに、ソーラーシステムを活用した新しい産業を創出していきたい」と話している。
3月25日6時12分配信 河北新報



化石燃料が高騰して漁業関係者も大変苦労したところで代替エネルギーの活用の方向性は未来へのステップとして有意義だと思います。

関連記事
  • Edit
  • 07:06
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kawanoasobi.blog81.fc2.com/tb.php/81-03348754

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top